体型によって変わる糖尿病の治療薬 心筋梗塞や脳卒中が減る薬も

ヘルス

2020/07/29 17:00

 失明や人工透析、心筋梗塞や脳卒中など、全身にさまざまな合併症を引き起こすことが知られている糖尿病。インスリンというホルモンの分泌不足や効きが悪いことで血液中にブドウ糖がたまり、血糖値が上がってしまった状態をさす(本稿ではすべて2型糖尿病)。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、薬を用いた糖尿病の治療について、専門医に取材した。

あわせて読みたい

  • 新薬で変わる「糖尿病」治療 想定外の効果が明らかになったタイプも

    新薬で変わる「糖尿病」治療 想定外の効果が明らかになったタイプも

    週刊朝日

    3/1

    進化する糖尿病のインスリン注射 減量効果や週1回で効く薬も

    進化する糖尿病のインスリン注射 減量効果や週1回で効く薬も

    dot.

    7/30

  • 「透析患者は糖尿病治療をやめた人が多い」 合併症の怖さと検査で発見されにくい食後高血糖

    「透析患者は糖尿病治療をやめた人が多い」 合併症の怖さと検査で発見されにくい食後高血糖

    週刊朝日

    1/7

    「自覚症状ないが、治療は必要?」糖尿病の基本を名医に聞いた!

    「自覚症状ないが、治療は必要?」糖尿病の基本を名医に聞いた!

    週刊朝日

    3/1

  • 目が覚めたら病院のベッドに… 糖尿病患者「血糖値下げすぎ」の恐怖

    目が覚めたら病院のベッドに… 糖尿病患者「血糖値下げすぎ」の恐怖

    dot.

    11/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す