更年期障害や不定愁訴と間違われやすい「甲状腺機能低下症」 昆布の過剰摂取が原因に?

病気

2020/06/30 09:00

 40歳代以上の女性に多く、更年期障害や不定愁訴と間違われやすい甲状腺機能低下症。甲状腺機能が低下することでむくみやだるさといった症状が出る。重症になると認知機能低下や心不全になる恐れも。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、専門医に取材している。

あわせて読みたい

  • 放置すると不妊症のリスクに! 甲状腺機能低下症の治療法は?

    放置すると不妊症のリスクに! 甲状腺機能低下症の治療法は?

    dot.

    7/1

    絢香さんも21歳で公表した「バセドウ病」 の治療法

    絢香さんも21歳で公表した「バセドウ病」 の治療法

    週刊朝日

    5/31

  • 【甲状腺がん】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【甲状腺がん】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    5/13

    自殺、妄想…危険度高まる「高齢者のうつ」 認知症との違いは?

    自殺、妄想…危険度高まる「高齢者のうつ」 認知症との違いは?

    週刊朝日

    5/10

  • 高齢者の10%が「うつ」経験者 抗がん剤や胃薬で発症も

    高齢者の10%が「うつ」経験者 抗がん剤や胃薬で発症も

    週刊朝日

    11/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す