川端康成、三島由紀夫もメッタ切り!止まらない文豪の“毒舌”が素晴らしい

朝日新聞出版の本

2020/06/26 16:00

 夏目漱石、森鴎外、菊池寛、石川啄木、太宰治など、明治・大正・昭和に活躍した文豪たちの「皮肉」「嘆き」「怒り」の言葉を集めた『文豪の悪態』(朝日新聞出版)。時に本能むき出しに、時にひねりを利かせた、文豪たちの悪口の一端を、本書の著者で大東文化大学教授の山口謠司氏が紹介する。

あわせて読みたい

  • 「cero」「森は生きている」が影響を受けた小説とは?

    「cero」「森は生きている」が影響を受けた小説とは?

    BOOKSTAND

    5/7

    文豪たちが綴った

    文豪たちが綴った"京都ガイドブック"がとてもステキ

    BOOKSTAND

    1/24

  • 「もののあはれ」川端康成が憧れた究極の聖性とは?4月16日「康成忌」

    「もののあはれ」川端康成が憧れた究極の聖性とは?4月16日「康成忌」

    tenki.jp

    4/16

    三島も川端も芥川も......文豪はみんなスイーツ好き?

    三島も川端も芥川も......文豪はみんなスイーツ好き?

    BOOKSTAND

    9/20

  • 在りし、在らまほしかりし三島由紀夫

    在りし、在らまほしかりし三島由紀夫

    週刊朝日

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す