天龍源一郎が語る“ペットと動物”の思い出 大横綱・大鵬が犬を飼えなかった理由とは (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天龍源一郎が語る“ペットと動物”の思い出 大横綱・大鵬が犬を飼えなかった理由とは

連載「70歳からのはっけよい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
天龍源一郎dot.#プロレス#天龍源一郎#相撲
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・掛祥葉子)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・掛祥葉子)

「ドーベルマンは飼ってみたいと思ったね。飼い主に忠実で強いだろう」(撮影/写真部・掛祥葉子)

「ドーベルマンは飼ってみたいと思ったね。飼い主に忠実で強いだろう」(撮影/写真部・掛祥葉子)

 50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、突然患った大病を乗り越えてカムバックした天龍源一郎さん。2月2日に迎えた70歳という節目の年に、いま天龍さんが伝えたいことは?今回は「ペット・動物」をテーマに、飄々と明るく、つれづれに語ります。

【天龍さん、飼ってみたいペットはなんですか?】

* * *
 動物番組をよく観るけど、やっぱりライオンは百獣の王というだけあって、貫禄があっていいね。そして、その百獣の王にちょっかいを出すハイエナもいい根性をしているよ。ライオンを相手にチームで襲ったりして、インディー団体のややこしいレスラーみたいだね。誰とは言えないけど(笑)。

 さて、ペットと動物か。ペットといえば、嶋田家では猫を飼っていたことがある。俺は動物は嫌いではないけど、相撲部屋にずっといたり、プロレスで日本全国を回っていたりで、飼える環境ではなかったんだよね。それが結婚して、娘が生まれて何年かしたころ、大阪で後援してくれている人に「子猫が生まれたんだけど、引き取り手がいなくて困っている」と相談されたんだ。後援者ともその場で盛り上がってしまい、娘もまだ小さいし情操教育にもいいかと思って、大阪から新幹線で猫を連れて帰ったんだ。娘は動物に興味があったようだけど、すばしっこい動きをする猫を最初はずいぶん怖がっていたよ。

 我が家にやってきた猫はオスで、トムと名付けた。トム=富で、お金が俺のところに来るようにというよこしまな考えでつけた名前だ(笑)。そのおかげか、その後にメガネスーパーが立ち上げる新プロレス団体のSWSの話がきたりして、なかなかお金を運んでくれた招き猫だったよ。そうして飼い始めてしばらくしてから、女房が「オスだからお嫁さんがいた方がいいでしょ」と言うから、ペットショップでメスの猫を買ってきてミミと名付けた。やがて、トムとミミの子どもが生まれてべべと名付けられ、嶋田家の猫は3匹になった。生まれたほかの子は、知り合いの家に里子に出して、本人(猫)やその子孫が日本だけでなく、韓国やハワイにもいったんだよ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい