渡辺麻友が持ち続けた「プライド」と「プロ意識」 ネット時代の「王道アイドル」の難しさ  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

渡辺麻友が持ち続けた「プライド」と「プロ意識」 ネット時代の「王道アイドル」の難しさ 

連載「芸能界閻魔帳」

このエントリーをはてなブックマークに追加
三杉武dot.#三杉武
2018年にミュージカル「アメリ」に主演したときの渡辺麻友(C)朝日新聞社

2018年にミュージカル「アメリ」に主演したときの渡辺麻友(C)朝日新聞社

 6月1日、元「AKB48」で女優の渡辺麻友さん(26)が芸能界を引退したことを所属事務所の「尾木プロダクション」が発表した。

【写真】AKB卒業公演で涙する渡辺麻友

 同事務所は公式サイトで、「数年に渡り体調が優れず、これまで協議を重ねて参りましたが、健康上の理由でしたので体のことを最優先に考え、本人の意思を尊重し契約を終了し、芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました」と報告。渡辺さん本人も同日に自身のツイッターを更新し、「私事ではありますが5月31日付けで長年お世話になりましたプロダクション尾木を退所し、芸能のお仕事を離れる運びと致しました」とし、「これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!」と感謝を示した。

 渡辺さんは、中学生の時に「AKB48」に3期生として加入すると「まゆゆ」の愛称で多くのファンから愛され、いわゆる“神7”の一人として活躍した。2014年に開催された「第6回 AKB48選抜総選挙」では1位に輝くなど長きにわたりグループをけん引。ステージ上で見せるパフォーマンスはもちろんのこと、その立ち居振る舞いや発言、そして私生活に至るまで“王道アイドル”としての矜持を貫いた。

「AKB48」が国民的アイドルグループとしてブレークすると、トップアイドルだった渡辺さんもまたスキャンダルを探る週刊誌などの標的にされた時期もあった。

 だが、筆者はそうした“刺客”たちが口をそろえて「彼女にはお手上げ」と音を上げる姿も目にしていた。当時「総選挙」の公式ガイドブックで論客を担当し、AKB48グループの活動を楽しませてもらっていた一人として、勝手ながら誇らしさすら覚えつつ、その責任感の強さやプロ意識の高さ、アイドルとして生きることへの情熱に改めて強い尊敬の念を抱いたものだ。

 スマートフォンやSNSの普及により、個人が手軽に画像や動画を撮影・拡散できるようになり、今や“国民総監視社会”と呼ばれる時代が到来した。かつてのように芸能人のスター性や神秘性が成立しづらくなるなかで、10年以上にわたって王道アイドルを貫くことは並大抵のことではない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい