オンライン授業「視線合わない」問題で学習効果に差 研究で明らかになった「効果が下がる学習者」のタイプとは

2020/06/02 09:00

 全国の学校が授業のオンライン化を模索しているが、やはりどうしても対面とは違う感覚は拭い切れない。情報科学・教育工学が専門の共立女子大学、谷田貝雅典教授は、その理由が「視線が合わないこと」にあるといい、テレビ会議システム特有の負の側面と正の側面があるという。また、学習者の属性によって、学習効果に違いが出ることが研究で示されているという。オンライン授業は教育に良いのか、悪いのか、谷田貝教授に聞いた。

あわせて読みたい

  • オンライン授業に高い学習効果 大学で「対面との組み合わせ」を模索する動きも

    オンライン授業に高い学習効果 大学で「対面との組み合わせ」を模索する動きも

    AERA

    12/25

    新型コロナ時代の学びスタイル これからのオンライン教育「7つのキーワード」

    新型コロナ時代の学びスタイル これからのオンライン教育「7つのキーワード」

    AERA

    11/6

  • 内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    dot.

    4/24

    “世界最難関”の米ミネルバ大に学ぶ、最先端のオンライン授業

    “世界最難関”の米ミネルバ大に学ぶ、最先端のオンライン授業

    東大新聞オンライン

    11/17

  • 慶大生「本当に孤独な日々でした」 コロナ禍の新入生が過ごした大学生活の実態

    慶大生「本当に孤独な日々でした」 コロナ禍の新入生が過ごした大学生活の実態

    dot.

    4/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す