貧困は自己責任論では片付かない…熊谷晋一郎さんが指摘する「差別」を生む構造とは?

朝日新聞出版の本

2020/06/04 09:00

「性的マイノリティーの人たちは『生産性がない』」と2018年7月発売の月刊誌に杉田水脈議員が寄稿した見解をきっかけに、LGBTの当事者、障害や難病を抱える人など約110人が参加する「生きてく会」(すべての人が差別されることなく安心して生きていく会)が一昨年秋に開かれた(呼びかけ人・川口有美子氏)。人の価値を生産性の有無で評価し、マイノリティーへの差別が政治に悪用されることへの危機感が背景にある。この会をともに企画し、『閉ざされた扉をこじ開ける』(朝日新書)の著書がある一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事・稲葉剛氏が報告する。
*  *  *
■政治と差別をテーマに110人が参加して集会

あわせて読みたい

  • 「心の病気」の偏見・差別をなくすには? 異例の学校教育導入の理由

    「心の病気」の偏見・差別をなくすには? 異例の学校教育導入の理由

    dot.

    3/27

    薬物使用者を貶め、“フラストレーションの生贄”に…日本社会のもつ異様さ 世界に逆行する大麻「使用罪」制定の動きも

    薬物使用者を貶め、“フラストレーションの生贄”に…日本社会のもつ異様さ 世界に逆行する大麻「使用罪」制定の動きも

    AERA

    7/17

  • 小島慶子「『当事者研究』の視点に学んで、誰もが生きやすい社会づくりを」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「『当事者研究』の視点に学んで、誰もが生きやすい社会づくりを」

    AERA

    5/22

    車いすでの無人駅下車は「わがまま」? 問題提起した障害者にバッシング 奪われていく移動の自由の権利

    車いすでの無人駅下車は「わがまま」? 問題提起した障害者にバッシング 奪われていく移動の自由の権利

    AERA

    6/4

  • 生産者の顔が見える

    生産者の顔が見える"トレーサビリティ"的出版? 「本にしたい大賞」セカンドステージが進行中!

    BOOKSTAND

    2/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す