新型コロナでラン活も変化 リモートラン活のいろは、教えます (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新型コロナでラン活も変化 リモートラン活のいろは、教えます

このエントリーをはてなブックマークに追加
カスタム出版部dot.
絶妙な色味が特徴的なリリコの新作ランドセル。紹介動画もあり、BGMをつけて、ブランドのストーリー性を感じられる内容となっている(画像提供:リリコ)

絶妙な色味が特徴的なリリコの新作ランドセル。紹介動画もあり、BGMをつけて、ブランドのストーリー性を感じられる内容となっている(画像提供:リリコ)

豊富な色味がそろう土屋鞄のランドセル。色味や素材の比較が分かる説明動画を似た色別に紹介。気になる商品はLINE公式アカウントのチャットを通して、経験豊富な店舗スタッフに直接相談もできる

豊富な色味がそろう土屋鞄のランドセル。色味や素材の比較が分かる説明動画を似た色別に紹介。気になる商品はLINE公式アカウントのチャットを通して、経験豊富な店舗スタッフに直接相談もできる

『sesame』5月号では誌上「ランドセル展示会」を実施。「おうちでラン活」をサポートすべく、各メーカーのランドセルを誌面やインスタグラム、WEBで紹介中

『sesame』5月号では誌上「ランドセル展示会」を実施。「おうちでラン活」をサポートすべく、各メーカーのランドセルを誌面やインスタグラム、WEBで紹介中

 小学校入学前にランドセルを選ぶ活動、通称「ラン活」。例年、春の百貨店には親子3世代でランドセルを選ぶ姿が見られるが、今年は新型コロナの影響で、その主戦場がおうちに移行している。リモートで行うラン活のいろはを、子ども向けファッション誌「セサミ」編集部が指南します。

【写真】その他のランドセルはこちら

■充実のカタログに、SNSでの色味比較「おうちでラン活」はこう進める

 はじめてのラン活。それもリモートとなると、どこから手をつけていいかわからない読者も多いだろう。まず着手すべきは、ラン活の基本であるカタログ収集。気になるランドセルメーカーからカタログを取り寄せよう。昨今はカタログも多様化が進んでおり、ファッション誌さながらの世界観を伝えるビジュアル系から、機能や特性を網羅した実用的なものまで実に幅広い。展示会や売り場に行けないぶん、まずはおうちでじっくりチェックしよう。なお、すでにカタログ収集活動は始まっており、複数のメーカーが「過去最高の請求数」と語る。

 次はメーカーのSNSをチェック。今年はどのメーカーも「おうちでラン活」を意識しており、情報発信が手厚い。大阪府堺市のランドセルメーカー・リリコは、インスタグラムやYouTubeでの動画配信を行う。撮影にもこだわりが溢れており、実際の色味に近づけるために撮影は自然光で行ったり、外観は360度撮影したり。刺しゅうや金具など細かな部分はクローズアップするなど、ランドセルをリアルに感じてもらうための工夫を凝らしている。

 土屋鞄製造所では、「色味の比較」に力を入れる。実は、ラン活で意外に神経を注ぐのが色味のチェック。例えば同じ赤い色でも微妙に違うため、リアルな場でも十分な比較検討が必要だが、オンラインだとそれがやりづらい。「色の違いを知りたい」という声を受け、同社では似た色味のランドセルを並べて比較しながら紹介している。またステッチの色や素材の質感が分かるよう、寄りの映像や解説を交えたり、職人やスタッフによるランドセルの製造工程やお手入れ法も紹介したり、見て楽しい内容になっている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい