一方通行の物資と人、3密の難民キャンプ…コロナ禍があぶり出すアジアの国境のリアル<下川裕治の旅をせんとや生まれけむ> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一方通行の物資と人、3密の難民キャンプ…コロナ禍があぶり出すアジアの国境のリアル<下川裕治の旅をせんとや生まれけむ>

連載「旅をせんとや生まれけむ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
下川裕治dot.#新型コロナウイルス#旅行
下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(週)、「アジアはいつも薄曇り」(隔週)、「タビノート」(毎月)

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(週)、「アジアはいつも薄曇り」(隔週)、「タビノート」(毎月)

ミャンマーに向かうトラックの車列。越境に半日かかると運転手はいっていた(メーソート)

ミャンマーに向かうトラックの車列。越境に半日かかると運転手はいっていた(メーソート)

「おや?」と思って立ち止まる。そしてはじまる旅の迷路――。バックパッカーの神様とも呼ばれる、旅行作家・下川裕治氏が、世界を歩き、食べ、見て、乗って悩む謎解き連載「旅をせんとや生まれけむ」。第25回は「アジアの国境のコロナ禍」について。

【写真】越境には半日…ミャンマーへ向かうトラックの車列

*  *  *
 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、世界の多くの国境が閉鎖されている。ロックダウンと鎖国化。この対策をとる国が多いからだ。

 昨年、タイの国境地帯をぐるりと巡った。タイはカンボジア、ラオス、ミャンマーとマレーシアと接している。通過できる国境は10ヵ所を超える。それらの国境も閉鎖された。

 国境を越えてタイからミャンマーに入ってみようと、タイ東部のメーソートに着いたのは8月末だった。メーソート市内からトゥクトゥクと呼ばれる三輪タクシーで国境に向かった。トゥクトゥクは、延々と続くトラックの車列の脇を進んだ。その長さは10キロ? 20キロ? 

 ときおり、反対車線をミャンマー側から戻るトラックが通っていく。荷物は積んでいない。物資はタイからミャンマーに届くだけの一方通行だった。タイとミャンマーの経済格差はこんなにもあるのか。ため息が出た。

 国境に着いた。反対側、つまりタイに入国する人の通路には、白いジャンパー姿の集団が見えた。タイに出稼ぎに行くミャンマー人たちだった。仕事を求めて越境する人の動きも一方通行だった。荷物とは向きが違ったが。

 新型コロナウイルス対策で、バンコクの飲食店がテイクアウト販売のみになったとき、ひとりの日本人経営者はこんな話をしてくれた。彼がバンコクで2軒の日本料理店を経営していた。

「うちの従業員の3分の2はミャンマー人。彼女らはミャンマーに帰ることができないから、ずっとバンコクにいる。その間の費用を考えると、うちは倒産してしまうかもしれない」

 バンコクはいま、ミャンマー人やカンボジア人など周辺国の労働力で支えられている。コロナ禍はその実態を浮き立たせた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい