水野美紀 “教育”に決して手を抜かない夫と一枚上手なちびの攻防に爆笑 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水野美紀 “教育”に決して手を抜かない夫と一枚上手なちびの攻防に爆笑

連載「子育て女優の繁忙記「続・余力ゼロで生きてます」」

このエントリーをはてなブックマークに追加
水野美紀さん/俳優。ドラマ・映画・舞台で活躍中。<出演情報>テレビ東京系ドラマ「浦安鉄筋家族」が4月10日、フジテレビ系バラエティ「突然ですが占ってもいいですか?」が4月15日スタート。レギュラー番組 讀賣テレビ「水野美紀の映画生活(シネマライフ)」毎週金曜22:54~<関西ローカル> http://www.ytv.co.jp/cinemalife/

水野美紀さん/俳優。ドラマ・映画・舞台で活躍中。<出演情報>テレビ東京系ドラマ「浦安鉄筋家族」が4月10日、フジテレビ系バラエティ「突然ですが占ってもいいですか?」が4月15日スタート。レギュラー番組 讀賣テレビ「水野美紀の映画生活(シネマライフ)」毎週金曜22:54~<関西ローカル> http://www.ytv.co.jp/cinemalife/

イラスト:唐橋充

イラスト:唐橋充

 お皿を運んだり、卵を割ったり、お手伝いが少しずつできるようになってきた。補助付きの箸もうまく使えるようになった。言葉の理解も進んだし、話す言葉が格段に増えた。

 そんなちびに、夫は何でもしっかり説明する。

 子供だからとスルーしたりしない。

 前に、夕食を夫に任せて仕事に出かけ、帰宅した時に、ちびが駆け寄って来て、

「あのねー泣いちゃったのー」

 とちょっと照れたような感じで報告して来た。

 夫に聞くと、夕食の最中にそうめんを手で掴んでぐちゃぐちゃと遊びだしたので怒ったというのだ。

「食べ物で遊んじゃだめ。ちゃんと食べなさい。そうやってぐちゃぐちゃってやった後、食べないでしょ、いつも。ほら、これ、自分でぐちゃぐちゃにしたんだから、ちゃんと食べなさいよ。分かった? ちゃんと食べて?」

 ちびは手にそうめんを巻きつけたままじっと話を聞いていたが、

「食べるの?」
「うん」
「じゃ、食べなさい」

 次の瞬間、握っていたそうめんを床にべちっ! と投げ落としたので、

「こら!! 食べ物を粗末にしちゃだめ!」

 と怒られてうわーーん! と泣いたそうだ。

 夫が私にこの経緯を説明している間、ちびはじっと夫の話に耳を傾けていた。

 話し終えると夫はちびを抱き上げて膝に乗せ、向き合って、

「どうして怒られたかわかる?」
「うん」
「どうして?」
「……」
「食べ物で遊んで、粗末にしたからでしょ?」
「うん」
「もうやっちゃだめ。もうやらないね?」
「うん」
「うんじゃなくて、はいでしょ?」
「はい」
「ちゃんと分かった?」
「はい」

 食べ物を粗末にしちゃいけない、という概念はまだ理解できないだろうけど、食べ物を床に投げてはいけないんだな、ということは伝わっているだろうなと思った。

 夫は最後に念押しした。

「何が分かったの?」

 ちびはちょっと考えて答えた。

「やさいジュースがすき」

 我々は爆笑してしまった。

【書籍『水野美紀の子育て奮闘記 余力ゼロで生きてます。』発売のお知らせ】
『水野美紀の子育て奮闘記 余力ゼロで生きてます。』をご愛読くださり、ありがとうございます。たくさんの皆さまから本連載への反響の声、ご要望をいただきまして書籍化しました! ★Amazonで絶賛発売中!


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

水野美紀

水野美紀(みずの・みき)1974年、三重県出身。女優。1987年にデビュー。以後、フジテレビ系ドラマ・映画『踊る大捜査線』シリーズをはじめ、映画、テレビドラマ、CMなど、数多くの作品に出演。最近では、舞台やエッセイの執筆を手掛けるなど、活動の幅を広げている。2016年に結婚、2017年に第一子の出産を発表した

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい