苦しむ高梨沙羅が、シーズン終盤に掴んだ一勝は「本物」なのか?

2020/04/03 17:00

 3月12日のW杯第17戦トロンハイム大会が前日の予選を行われた後で中止となり、その後のニジニ・タギル大会とチャイコフスキー大会を含めた残りの試合がキャンセルとなってシーズンを終えた女子ジャンプ。高梨沙羅は帰国後の19日に、以下のコメントを発表した。

あわせて読みたい

  • 高梨沙羅、五輪イヤーの今季は未だ“表彰台なし” 本番へ向けて大丈夫か

    高梨沙羅、五輪イヤーの今季は未だ“表彰台なし” 本番へ向けて大丈夫か

    dot.

    12/28

    高梨沙羅、日々の“微調整”の中で掴んだ手応え 徐々に見えてきた理想の形

    高梨沙羅、日々の“微調整”の中で掴んだ手応え 徐々に見えてきた理想の形

    dot.

    1/30

  • 高梨沙羅が変わった!「勝てない」から「常勝」復活の兆し見えた

    高梨沙羅が変わった!「勝てない」から「常勝」復活の兆し見えた

    dot.

    11/26

    高梨沙羅“3度目の正直”で金メダルなるか 五輪シーズンに向け、視界は良好

    高梨沙羅“3度目の正直”で金メダルなるか 五輪シーズンに向け、視界は良好

    dot.

    10/19

  • 高梨沙羅の感覚狂わせた“五輪の重圧” 苦しんだシーズン、最後に見せた「進化の跡」

    高梨沙羅の感覚狂わせた“五輪の重圧” 苦しんだシーズン、最後に見せた「進化の跡」

    dot.

    3/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す