再生数13億回のママYouTuber「YouTuberに学歴は必要?」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

再生数13億回のママYouTuber「YouTuberに学歴は必要?」

連載「ママYouTuberなーちゃんの三足わらじ生活」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
長男のこうちゃん(右)となーちゃん

長男のこうちゃん(右)となーちゃん

 みなさん学歴についてどのようにお考えでしょうか。ここで言う学歴とは大学進学のことです。

 確かに仕事において学歴が必要ない場合は多々ありますが、YouTuberであり2児の母である私は、大学には進学すべきと発信します。YouTuberになる場合でも、高学歴の方がいいと思っています。

 進学は人生において重要な要素のひとつです。最近ではインターネットを用いて個人が発信し個人で稼げる時代になったので、仕事として学歴は必要ないことの方が多いかもしれません。
 ご存じの通り、YouTuberになるには学歴も職歴も関係ありません。年齢も見た目も経験も問わずな職業で、障害があってもチャレンジすることができます。誰にでもチャンスがある仕事です。

 YouTuberではなくても、起業やフリーランスの職業には学歴は必要ありません。他にも多くの職業で、学歴が必要ではない場合があります。それでも、私が学歴は必要と発信をする理由は2つです。

 1つは、高学歴を優遇する社会の体制があるからです。日本では就職の際に学歴フィルタと呼ばれる制度が確実に存在しており、一定のレベル以下の大学の場合は面接してもらえない場合があります。また、就労条件も高卒と大卒で区別されていたり、企業や組織によっては学閥とよばれる出身大学による派閥が存在します。この要素も、就職や出世や取引に響きます。

 海外で働く場合も、アメリカで就労ビザを取得する際は大卒以上の資格が必要ですし、国によっては出身大学のレベルも一定以上を求められます。

 今はフリーランスや個人として仕事をしていても、将来的に海外に拠点を移そうと思う可能性も大いにあります。その際に学歴が必要になるのです。

 日本でも海外でも、社会通念上は学歴が免許のような役割を果たすため、大学に進学し卒業しておくのは合理的な判断といえます。学歴がなくて損することはありますが、学歴があって損することはほとんどありません。この点において、大学に進学することはプラスの効果しか生みません。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい