再生数13億回のママYouTuber「YouTubeとテレビ番組の決定的な違い」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

再生数13億回のママYouTuber「YouTubeとテレビ番組の決定的な違い」

連載「ママYouTuberなーちゃんの三足わらじ生活」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
動画1本の最多再生回数は2.8億回を超える(「なーちゃんねる(naaachanel) 」より)

動画1本の最多再生回数は2.8億回を超える(「なーちゃんねる(naaachanel) 」より)

 芸能人がYouTubeに参入することが急増しました。話題になった方は、宮迫さんやローラさん、江頭2:50さんのチャンネル開設です。

【写真】長男のこうちゃんとなーちゃん

 特に、お笑い芸人としてテレビで活躍された宮迫さんや江頭2:50さんは、動画の中のトークや間やタイミング非常に素晴らしく、YouTubeの演者さんとしての素質が十分にあり、とても面白いと思います。

 今後も、テレビで活躍された方々がYouTubeにチャンネルを開設し、新しい発信や表現の場として活用することは増えていきます。そんな中で、逆に、YouTuberがテレビで活躍する可能性はあるのでしょうか。

 結論から言うと、YouTuberがテレビで活躍するには、訓練が必要です。芸能人がYouTubeで活躍するにも独特の戦略が必要ですが、逆もまた然りなのです。テレビとYoutubeは全く異なるメディアです。

 YouTubeとテレビ番組の決定的な違いは、コンテンツに関わる人数です。YouTuberは、基本的に1人から数人程度のチームで企画や撮影や編集をします。一方、テレビは一つの番組に100名以上の人々がスタッフとして関わります。演者の人数も、YouTubeでは通常1人~数人以内です。これは、スマホの画面が小さいので、数人以上が画面に出るのは不利になるためです。テレビ番組では、演者は10名以上になることも珍しくありません。

 人数が違うと構成も異なります。YouTubeでは基本的に、カメラの向こう側の視聴者の向かいや隣にいるような構図で、トークは視聴者に話しかけるような構成です。テレビ番組は、司会者と演者や、演者同士でトークする様子をみせる構成です。視聴者との距離感も異なる上に、演者たちのコミュニケーションがコンテンツなのです。このコミュニケーションの部分が、テレビでは非常に大きな要素であり、YouTuberと芸能人に求められる才能の違いです。

 YouTubeは良くも悪くも、誰ともコミュニケーションを取らずに活躍することができます。特に1人で行っている場合は、人間関係は仕事の成果に全く結びつかないため、人間関係の悩みはありません。わかりやすく言えば、YouTubeは誰にもこびずに成果を出すことができる仕事です。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい