イスラエルではクルマの洗車は「反社会的」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

イスラエルではクルマの洗車は「反社会的」

連載「金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニシム・オトマズキンdot.
点滴灌漑技術を用いた農場(ニシム・オトマズキン提供)

点滴灌漑技術を用いた農場(ニシム・オトマズキン提供)

イスラエル最大の天然水源・ガリラヤ湖(ニシム・オトマズキン提供)

イスラエル最大の天然水源・ガリラヤ湖(ニシム・オトマズキン提供)

 イスラエルの人々の気分に最も影響を与えることの1つは、ガリラヤ湖の水位です。ヘブライ語で「キネレット」と呼ばれるガリラヤ湖は、イスラエル最大の天然水源であり、国の存在にとって必要不可欠な資源と考えられています。琵琶湖ほぼ同じ大きさで、イスラエルのみならず、パレスチナやヨルダンの村々に飲料水と農業用水を供給しています。

 キネレットの水位が高いとき、人々は喜びに満ちています。冬の雨季に十分に雨が降らず水位が低いとき、国家にとっては重大な問題です。ほぼ毎晩、イスラエルのニュースはキネレットの水位について視聴者に報告します。またこの湖の水位についてはイスラエル人の家族が夕食時によく話し合う話題でもあります。

 日本にいたとき、多くの日本人がイスラエルの歌マイム・マイムを知っていることに驚きました。「マイムマイム、ヘイ マイム ベサッソン」とはヘブライ語で「水は喜びを運んでくる」という意味です。これは事実です。イスラエル人にとって、水が流れることや農地が水で潤うことは喜びと豊作の象徴です。

 私が思うにイスラエルほど水にこだわる国は他にないと思います。

 実際、水は生命の重要な源です。中東などの砂漠が支配的な地域では特にそうです。水は農業を保護し、人々の健康や生活の質を維持するためには不可欠です。過去、イスラエルは慢性的な水不足に苦しんできました。非常に深刻な危機的状況に発展し、自治体や家庭に必要な水を供給することが困難になると恐れられたこともありました。

 数年前まで、政府は大規模な節水キャンペーンを国民に呼びかけていました。食器洗いの水を流しっぱなしにしない、庭の植物に水を必要以上に与えない、シャワーは短時間にする、さらにはカップルでシャワーを浴びることも推奨されていました。また依然として路上でホースを使って洗車することは、反社会的だと考えられています。

 また水の状況が非常に厳しいとき、トルコから飲料水を大きな船で輸入する計画すらありました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい