ロンブー田村淳&亮会見【全文(5)】「大河か朝ドラに出たい」(亮) (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

ロンブー田村淳&亮会見【全文(5)】「大河か朝ドラに出たい」(亮)

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
「大河か朝ドラに出たい」と話した田村亮(撮影・西岡千史)

「大河か朝ドラに出たい」と話した田村亮(撮影・西岡千史)

会見を開いた田村淳(左)と田村亮(撮影・西岡千史)

会見を開いた田村淳(左)と田村亮(撮影・西岡千史)

 反社会的勢力とのつながりが報じられた”闇営業“問題で、昨年6月から謹慎処分となっていた「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が1月30日、都内で”復帰記者会見“を開いた。

【写真】会見を開いた田村淳と田村亮

 会見には相方の田村淳とともに出席。淳は当日、YouTubeにアップした動画で「髪を赤く染めます。久々に亮さんとステージに立ったときに緊張しないように。原点回帰と、場を和ませたい」と宣言していたとおりの“赤髪”姿で登場した。

(4)に引き続き、会見の一問一答を掲載する。

*  *  *
――みなさんが「お帰りなさい」という気持ちではない。それについては?

亮:そのような意見は必ずあると思っていますし当然だと思います。今、えらそうに啓発活動とかやっていますけど、特殊詐欺がなくなるような活動は地道にでもやっていきたいと思っているので、そういうところをみていただけるとありがたいなって思います。

淳:僕は「田村亮」という人間がこの先どうやって生きていきたいかっていう時に、「芸能活動をして生きていきたい」という言葉を聞いたので、それを株式会社LONDONBOOTSとして支えたいですし、相方としても支えたい。僕ができることがあるのであれば、その啓発活動に行って、「亮ってこういうところで、こんな活動しているんだ」って僕も知りたいですし。その活動は一生かけてやるつもりでいてほしいなって思います。あとは、芸能の仕事をしているわけですから。人を楽しませたいという気持ちで東京に来ていますから。納得していらっしゃらない方も含めて、ロンドンブーツ1号2号というコンビでコンテンツを作り上げていったときに、「あ、このコンビのコンテンツで嫌なことを忘れられた」「楽しい時間を過ごせた」というのをやって、理解していただくしかないかなと思います。東京に自分たちが来た時の気持ちを忘れずに、楽しませたいという思いでやっていきたい。

――待ってくれているTV番組のスタッフにはどんな思い?

亮:ご迷惑をかけてしまって申し訳ない気持ちです。スタッフの方にお詫びの電話した時も「待っているから」と伝えてくださっていた方が、謹慎明けた時にも連絡してくださったり。そこに真摯に目指していかないのは失礼じゃないかなと思うので、まっすぐ向かっていきたい。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい