ロンブー田村淳&亮会見【全文(1)】「謝罪会見じゃございません」(淳) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ロンブー田村淳&亮会見【全文(1)】「謝罪会見じゃございません」(淳)

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
会見を開いた田村淳(左)と田村亮(撮影・西岡千史)

会見を開いた田村淳(左)と田村亮(撮影・西岡千史)

「謝罪会見じゃございません」と話した田村淳(撮影・西岡千史)

「謝罪会見じゃございません」と話した田村淳(撮影・西岡千史)

 反社会的勢力とのつながりが報じられた”闇営業“問題で、昨年6月から謹慎処分となっていた「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が1月30日、都内で”復帰記者会見“を開いた。

【写真】会見で話す田村淳

 会見には相方の田村淳とともに出席。淳は当日、YouTubeにアップした動画で「髪を赤く染めます。久々に亮さんとステージに立ったときに緊張しないように。原点回帰と、場を和ませたい」と宣言していたとおりの“赤髪”姿で登場した。

 トークライブの後、午後8時過ぎに開かれた会見は以下のとおり。

*  *  *
淳:では着席させていただきたいと思います。ロンドンブーツ1号2号です。よろしくお願いします。株式会社LONDONBOOTSの代表として一言、ご挨拶を。所属タレントの田村亮が1月上旬に謹慎が明けまして、そのさいにメディアの方からの突撃取材で「亮さんどうですか」と関心を持っていただいたので、どういうスタンスなのか、どういう芸能活動をしていくのかと伝えないと、みなさんに申し訳ないなと思って、僕が突撃取材が苦手で拒否してしまうので会見を開くことにしました。謝罪会見じゃございませんので。

亮:みなさん忙しい中足を運んでもらいありがとうございました。昨年起こした騒動で心配をかけたみなさま、誠に申し訳ございませんでした。今日は復帰会見ということで皆さんに前向きな話をできると思うので、お手柔らかにお願いします。

淳:優しい質問が来てくれると思います。会見の理由は僕の一存というか、いちおう田村亮にも相談しましたが、会見するならこの場所がいいのではないかと思いました。亮は気乗りしない感じでしたが、今後仕事をしていく上で、この青山という立地、ここを通る度に嫌な感情をもつのは亮にとって良くないのではないかなと。ここから再スタートをするのがよいと思い、この場所での会見を決めさせていただきました。では質疑応答にうつらせていただきたいと思います。亮さんが指名しますので。

亮 にこやかな方を選びがちになると思います。

【全文(2)】に続く

(AERA dot.取材班)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい