“ドラマ番長”復活の木村拓哉 高評価「教場」の続編も? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

“ドラマ番長”復活の木村拓哉 高評価「教場」の続編も?

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒崎さとしdot.
※写真はイメージです(GettyImages )

※写真はイメージです(GettyImages )

 木村拓哉(47)の快進撃が止まらない。年初に発売された初のソロアルバムは発売初週に約13万枚を突破。俳優業のほうも昨年10月クールに放送されたドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)の最終回視聴率が16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、平均視聴率が12.9%と大健闘したほか、正月2夜連続で放送されたフジテレビ開局60周年特別ドラマ「教場」も視聴率は15.3%をマークするなど、芸能メディアやSNS上では「やっぱりキムタク」の大合唱が巻き起こっている。

【写真】白タキシードで「週刊朝日」の表紙を飾った木村拓哉

 SMAPの解散騒動では“1人悪者”にされたこともあったが、昨年は主演映画「マスカレード・ホテル」も興行収入が40億円を超える成績を収めており、木村個人のポテンシャルの高さが改めて浮き彫りになった。

「『グランメゾン東京』に関しては、TBSのヒット枠『日曜劇場』での放送なので平均視聴率15%以上の期待もかかっていましたが、それには到達できませんでした。ただ、昨年はテレビ業界全体が深刻な日照り状態だったので、その中ではかなり健闘したほうでしょう。視聴率以上に、今年につながる効果があったことがソロアルバムや『教場』のヒットで証明されたと思います」(テレビ情報誌の編集者)

「教場」の原作本も予想を上回る売れ行きで書店では品薄状態になるほどに。ある民放ドラマ制作スタッフもドラマ「教場」のクオリティの高さに太鼓判を押す。

「ドラマの制作費も破格だったようで、1話あたり1.8億円だったという噂です。開局周年ドラマということもありますが、木村拓哉が主演するということでそれだけのお金を引っ張れたのだと思います。そのおかげもあってか特にキャスティングは難航したようですが、木村さん以外の俳優もかなり豪華。また役どころも工藤阿須加や川口春奈などの若手をフックアップする立場を演じており、他のドラマのように『キムタク中心』というだけじゃなかったことが、結果的にヒットに繋がったんだと思います。今後、木村さんは『教場』で見せた、若手を引き立てるベテラン俳優としての立ち位置が期待できそうです」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい