瀬戸内寂聴さんが「不倫でもいい」から恋愛すべきと断言する理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

瀬戸内寂聴さんが「不倫でもいい」から恋愛すべきと断言する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
97歳でついに「遺言」を発表した瀬戸内寂聴さん

97歳でついに「遺言」を発表した瀬戸内寂聴さん

「自分を愛せない人は、人を愛することも出来ない」

 恋愛できない若者や中高年へ瀬戸内寂聴さんが贈る言葉――。最新刊『寂聴 九十七歳の遺言』(朝日新書)で「不倫でも何でもやったらいい!」と断言した理由とは?

*  *  *
 若い人があまり恋愛しなくなったと聞きます。不思議ですね。どうしてこんな楽しいことに一生無縁でいいのか、もったいないなと思います。特に今の若い女の子は、若い男の子を男と思っていないのではないかしら。だから好きになれないのかもしれません。

 でもね、人間は生きていて、誰かを愛する経験をした方が、生きてきた感じが切実にわかるのです。ところが、最近の若い人は傷つくのが嫌だと言います。

 青春は恋と革命です。それは失敗や死をも怖れない情熱の発露でしょう。

 私が九十一歳の時、千葉県の幕張メッセで、一万五千人くらいの若者たちを前に、夜九時くらいから法話をしたことがあります。各ブースでロックコンサートやトークショーが行われる、東日本大震災のチャリティーを兼ねたオールナイトイベントでした。

 会場のすごい熱気に私も興奮して、開口一番、「青春は恋と革命だ!」って叫びました。そうしたら「ウワーッ!!!!!」と大歓声。やはり最近の若い人にも、それに憧れるような情熱があるんです。誰かが少し背中を押してあげたらいいと思いますね。

 情熱に身を任せて不倫でも何でもやってみたらいいじゃないですか。傷ついて別れたっていい、また誰かを好きになったらいいんです。

 別れる辛さを身に染みて覚えたら、もしかしたら、素晴らしい詩や小説が出来るかもしれない。これ以上の楽しい恋愛はないということを経験した人でも、それはそれで何のかたちで表現したくなるでしょう。

 百冊の本を読むよりも一度の真剣な恋愛の方が、はるかに人間の心を、人生を豊かにします。経験者は語る、間違いありません。

 もしかしたら、今の若者たちは自分のことが嫌いなのかもしれない。自分でさえ好きになれないそんな人間を、いったい誰が好きになってくれるでしょうか。自分を愛せない人は、人を愛することも出来ません。そうだとしたら、まずは自分を愛することから始めないといけないでしょうね。自分を魅力的な人間に鍛えなければなりません。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい