なぜ平石洋介は楽天を離れ、ソフトバンクを新天地に選んだのか? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ平石洋介は楽天を離れ、ソフトバンクを新天地に選んだのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
山岡則夫dot.
前楽天監督・平石洋介 (C)朝日新聞社

前楽天監督・平石洋介 (C)朝日新聞社

 日本シリーズ3連覇。球界の盟主と呼ぶにふさわしいソフトバンクは、次を見据えて動き続けている。その第一弾が前楽天監督・平石洋介の一軍打撃兼野手総合コーチ就任である。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 楽天監督勇退からコーチ就任の流れは、電撃的であった。楽天監督としてクライマックスシリーズ(CS)に進出した手腕が高く評価されていたため、水面下では様々な憶測が飛び交った。しかし「ソフトバンク今オフ最大補強の1つ」という声があるのも事実。シーズン、CSと直接対戦したチームの監督を招へいしたソフトバンクがさらに強くなるのも容易に想像できる。

「楽天を退団して早い段階で熱心に誘ってもらった。トライしようと思った。チームが良い方向へ進むように全力を尽くしたい。まずは選手とコミュニケーションをしっかり取り、特徴をしっかり掴みたい」

 宮崎市で連日おこなわれたソフトバンク秋季キャンプ。朝の早出特打ちから出勤し、選手の動きに目をこらして会話を重ねる平石コーチの姿はキャンプの風物詩になりつつあった。

「ソフトバンクと対戦していて感じていたのは、『勝ち方を知っている』ということ」

 平石は2018年シーズン途中に梨田昌孝前監督が辞任したために監督代行に就任し、19年シーズン終了まで楽天の指揮を執った。実際に対戦して感じたソフトバンクには『勝者』としての風格のようなものを感じたという。

「今年のソフトバンクは故障者も多く、決して万全ではなかった。中心選手も年齢層が高くなり、年間を通じて完璧なベストメンバーを組めない状態が続いていた。楽天監督の立場としては付けいる隙はあるんじゃないか、と思っていた。でも、そうはいかなかった。各選手ができることをやって、リーグ優勝こそ逃したが、最後はCS、日本シリーズと勝ち切った。これは勝つことで積み上げられた『勝つコツ』を知っているということだと思う。経験値が高い。チーム、個人の両方がしっかりわかっている」

 いわば『勝者のメンタリティ』と呼ばれているものだろうか。もっと言えば、チームとしての風格で勝てる、ということかもしれない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい