紅白出場歌手発表 初出場はキスマイ、菅田将暉、髭男、LiSAら 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

紅白出場歌手発表 初出場はキスマイ、菅田将暉、髭男、LiSAら

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
初出場が決まった出場歌手・グループら (c)朝日新聞社

初出場が決まった出場歌手・グループら (c)朝日新聞社

第70回NHK紅白歌合戦 出場歌手一覧

第70回NHK紅白歌合戦 出場歌手一覧

 令和最初となる国民的歌の祭典「第70回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が14日に発表された。

【出場歌手一覧はこちら】

 注目の初出場はKis-My-Ft2、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Foorin、King Gnu、日向坂46、Official髭男dism、菅田将暉、LiSA。

 最多出場は、49回目となる五木ひろし、続いて42回の石川さゆり。

 昨年、大塚国際美術館(鳴門市)からの中継で圧巻のパフォーマンスを見せた米津玄師。今年は自身が作詞作曲した「パプリカ」を歌う「Foorin」が出場決定。米津のサプライズ出演もあるかもしれない。

 出場が期待されていた朝ドラ「なつぞら」の主題歌を担当したスピッツと、デビュー40周年の竹内まりやの発表はなかった。これからの交渉を期待したい。

 長年紅白を取材してきた芸能リポーターの石川敏男さんは、今回の出場歌手の面々を見てこう言う。

「ネットを中心に支持があるLiSAが選ばれたのが象徴的なように、今やCDの売り上げだけで出場者を選べなくなったのがNHKの悩ましいところです。今後はますます誰もが知っている、誰もが歌える歌手の出場は少なくなってきますよ」

 昨年の「平成最後の紅白」は、エンディングでの桑田佳祐とユーミンの超ド級のパフォーマンス、米津玄師の幻想的な中継、北島三郎の復活など、大きな盛り上がりを見せた。

 司会を務めるのは、紅組は綾瀬はるか、白組は嵐の櫻井翔。2016年から掲げてきたテーマ「夢を歌おう」の最後となる今年。大晦日の夜、どんな夢を見せてくれるのだろうか。(AERA dot.取材班)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい