「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2019/11/08 07:00

 皮膚がんには、医師であっても専門の皮膚科医でなければ見逃しやすいタイプがあるといいます。好評発売中の『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が、「皮膚がんとは思われないことが多い」皮膚悪性腫瘍を三つ紹介します。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す