大学入試への英語民間試験導入 危惧される「不公平」と「不公正」とは

2019/10/15 11:30

 英検、GTEC、ケンブリッジ英検……。2020 年度から、民間の検定試験が大学入試に活用されることになった。高校の教育現場などから導入延期を求める声が相次ぐが、その背景には何があるのか──。発売中の英語学習誌「AERA English2019 Autumn & Winter」(朝日新聞出版)から抜粋して紹介する。

あわせて読みたい

  • 大学入試の英語民間試験で大混乱 高校が「導入延期」を訴える3つの理由

    大学入試の英語民間試験で大混乱 高校が「導入延期」を訴える3つの理由

    dot.

    10/14

    英語民間試験「中止」「延期」が9割 高校生が直訴する異常事態

    英語民間試験「中止」「延期」が9割 高校生が直訴する異常事態

    AERA

    8/26

  • 国に逆らった大学は正しかった 英語民間試験に「NO」を突きつけていた7大学

    国に逆らった大学は正しかった 英語民間試験に「NO」を突きつけていた7大学

    dot.

    11/11

    実は受験生ファースト? TOEICが大学入学共通テストから撤退した真の理由

    実は受験生ファースト? TOEICが大学入学共通テストから撤退した真の理由

    AERA

    7/9

  • 英語民間試験の問題は「公平性」だけではない 「中止を」約7割が支持

    英語民間試験の問題は「公平性」だけではない 「中止を」約7割が支持

    AERA

    11/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す