「何やってるんだ」 大瀬良大地、失意と決意の1年 (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「何やってるんだ」 大瀬良大地、失意と決意の1年

山岡則夫dot.
広島・大瀬良大地 (c)朝日新聞社

広島・大瀬良大地 (c)朝日新聞社

「エースはチームを勝たせないといけない。だから僕なんて、まだまだです。でも、今やるべきことはわかっている。日本一になれるチャンスはある。勝つだけです」

 広島はペナントを取れなかった。レギュラーシーズンの勝負に負けた。しかし、日本一への挑戦権は失っていない。クライマックスシリーズ(CS)という大きなリベンジの機会が残されている。まだ拳を下げるわけにはいかない。大瀬良はファイティングポーズをとり続ける。

 黒田博樹、クリス・ジョンソン、野村祐輔……。エースと呼ばれる男たちの近くでこれまで学び続け、多くのものを得た日々。ここから先の戦いでそれらを決してムダにはしない。それこそがエースとしての矜持だ。

 大瀬良大地、自らのエース像をここから見せる。(文・山岡則夫)

●プロフィール
山岡則夫
1972年島根県出身。千葉大学卒業後、アパレル会社勤務などを経て01年にInnings,Co.を設立、雑誌『Ballpark Time!』を発刊。現在はBallparkレーベルとして様々な書籍、雑誌を企画、編集・製作するほか、多くの雑誌、書籍やホームページ等に寄稿している。Ballpark Time!オフィシャルページにて取材日記を不定期に更新中。現在の肩書きはスポーツスペクテイター。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい