テレビ業界における「ヤラセ」と「演出」の境界線とは?

2019/09/27 11:30

 後をたたないテレビの「ヤラセ」問題。どこまでを演出として許容するのか、視聴者としては判断が難しいところだ。造り手側であるテレビ業界にとっての「ヤラセ」と「演出」の境界線は果たしてどこにあるのだろうか。飲食系プロモーションの現場に携わる筆者が、テレビで繁用されている「演出」と呼ばれる撮影手法について事例を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「『ほこ×たて』はヤラセ、『イッテQ』は違う」鈴木おさむが思う根拠
    筆者の顔写真

    鈴木おさむ

    「『ほこ×たて』はヤラセ、『イッテQ』は違う」鈴木おさむが思う根拠

    週刊朝日

    12/6

    人気YouTuberのヒカルが「ヤラセ動画認める」も炎上しない理由とは

    人気YouTuberのヒカルが「ヤラセ動画認める」も炎上しない理由とは

    dot.

    3/14

  • 今年もヤラセ疑惑が…「24時間テレビのバラエティ枠」が度々炎上する理由
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    今年もヤラセ疑惑が…「24時間テレビのバラエティ枠」が度々炎上する理由

    dot.

    8/31

    シバターに完敗の久保優太が「ヤラセ依頼」を暴露 「問題はRIZINにもある」の指摘

    シバターに完敗の久保優太が「ヤラセ依頼」を暴露 「問題はRIZINにもある」の指摘

    dot.

    1/4

  • 「演出」と「やらせ」の大きな差異【世界音楽放浪記vol.65】

    「演出」と「やらせ」の大きな差異【世界音楽放浪記vol.65】

    Billboard JAPAN

    9/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す