「わがまちご当地入場券」に手を出してしまった鉄道コレクターの苦悩

鉄道

2019/09/28 10:00

 2017年夏から、JR北海道だけではなく沿線自治体も協力しながら発売を続けてきた「JR北海道わがまちご当地入場券」。北海道と青森県合わせて101の市町村で発売してきたこのきっぷは、インターネットなどでは購入できないため簡単に集めることができない。その入手困難さがかえって人気を呼び、累計発売枚数も80万枚と売り上げは絶好調だった――。

あわせて読みたい

  • うちが最も!日本最西端の駅は3つもあるのはナゼ?

    うちが最も!日本最西端の駅は3つもあるのはナゼ?

    dot.

    4/23

    北海道を走るトロッコ列車「風っこ そうや」 吹き抜けの車窓美にウットリ

    北海道を走るトロッコ列車「風っこ そうや」 吹き抜けの車窓美にウットリ

    dot.

    8/18

  • 「廃駅待った!」北海道・幌延町のチャレンジ

    「廃駅待った!」北海道・幌延町のチャレンジ

    dot.

    9/2

    あなたはいくつ読める? 目指せ全駅制覇! 難珍駅名クイズで旅気分「JR札沼線」

    あなたはいくつ読める? 目指せ全駅制覇! 難珍駅名クイズで旅気分「JR札沼線」

    dot.

    4/12

  • かつては少年たちが熱狂!「イラスト入りヘッドマーク」登場から43年目の”現在”

    かつては少年たちが熱狂!「イラスト入りヘッドマーク」登場から43年目の”現在”

    dot.

    7/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す