酷評背負った“真犯人”西野七瀬 女優としての才能はあるのか?  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

酷評背負った“真犯人”西野七瀬 女優としての才能はあるのか? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒崎さとしdot.
秋元康の秘蔵っ子、西野七瀬 (c)朝日新聞社

秋元康の秘蔵っ子、西野七瀬 (c)朝日新聞社

乃木坂46では圧倒的人気も (c)朝日新聞社

乃木坂46では圧倒的人気も (c)朝日新聞社

 9月8日に放送された「あなたの番です―反撃編―」(日本テレビ系)最終回の平均視聴率が19.4%となり、自己最高を記録して有終の美を飾った。当日は動画配信サービスhuluでも一時、アクセスが集中して見られなくなるなど、7~9月クールでも屈指の人気を見せた。一方で、最終回がもやもやとした謎を残したまま終わるなど、不満の声もあがっている。その批判の矢面に立っているのが西野七瀬(25)だ。彼女の演技があまりに“ダイコン”で、ドラマに集中しづらかったなどの声がSNS等で相次いでいるのだ。

【写真】昨年の紅白で魅せたかわいすぎる西野七瀬

 たしかに同作は、ここ1~2年で一気にトップ俳優の仲間入りした田中圭と、ベテラン女優の原田知世という実力ある役者がダブル主演をつとめ、それ以外でも竹中直人や木村多江といったクセのある役者、新星、横浜流星など見どころが目白押しだった。もちろん西野も元乃木坂46の人気をひっさげての出演だったが、これら名優に囲まれると、実力が伴っていなかった感は否めない。

「もちろん若手の俳優なので賛否両論あると思いますが、個人的には見ているのが辛かったです。西野の場合、どうしてもセリフを追いかけてしまっているので、シリアスなシーンで物語に入りづらくなっちゃうんです。“普通の人”の演技って一番難しいので、真犯人の役を与えたにはある意味正解だったのかもしれません。演技が未熟な役者にはサイコパスな役をやらせるとうまくギャップが演出できて、演技が下手でもごまかせるというのはある。ドラマ全体としては演出勝ちだったと思います」(民放ドラマ制作スタッフ)

 プロの目から見ても厳しい部分はあったとことは事実のようだが、それでも圧倒的な人気グループの元センターとして“太客”がついてることは、十分に起用の理由になる。

「とにかく美人ですし、アイドルに限らず若手女優にはアンチが必ずいるものです。最終回の数字(視聴率)もすごかったですし、固定ファン以外にも認知されたので、西野も今後は活動の幅が広がってくるんじゃないでしょうか。あと、なんと言っても秋元康というエンタメ界隈に絶大な実績と影響力と持つ後ろ盾がついていますからね。西野が秋元さんの“スペオキ”であることは業界の人間なら誰でも知っています。秋元さんって西野のようなスレンダーで性格がちょっと根暗な子が好きですよね(笑)。いかに彼女の演技力が未熟でも、日本一のプロデューサーが後ろについている限り、現場で実績を積み続けられるでしょう。秋元さんは今までさまざまなドラマを成功させてきたし、引き続き西野にも活躍の場を用意することができると思います」(民放ドラマプロデューサー同)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい