杉田かおるさん 母を在宅介護した4年半で「芸能人になってよかった」その理由とは?

ヘルス

2019/09/24 07:00

 女優の杉田かおるさんは4年半にわたり、慢性閉塞性肺疾患(COPD)を患っていた母親を在宅介護し、2018年にその母を看取りました。その間、芸能活動は10分の1くらいにまで減らしたそうです。週刊朝日ムック『さいごまで自宅で診てくれるいいお医者さん2020年版』では、杉田さんが在宅介護になった経緯、介護中の生活、介護経験で得たものについて語っています。

あわせて読みたい

  • 病院死より穏やかな最期 上野千鶴子の「在宅ひとり死」のススメ

    病院死より穏やかな最期 上野千鶴子の「在宅ひとり死」のススメ

    週刊朝日

    6/13

    アエラが徹底調査 働きながら介護できる53社

    アエラが徹底調査 働きながら介護できる53社

    AERA

    9/1

  • 多発する高齢者の「入院で悪化」 病院は対策とれず…

    多発する高齢者の「入院で悪化」 病院は対策とれず…

    週刊朝日

    10/3

    要介護5でもウィーン旅行へ! 72歳音楽家に起こった奇跡

    要介護5でもウィーン旅行へ! 72歳音楽家に起こった奇跡

    週刊朝日

    8/3

  • コロナ禍で在宅死の希望が増加 在宅医療は意外と安い?

    コロナ禍で在宅死の希望が増加 在宅医療は意外と安い?

    週刊朝日

    8/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す