EXIT兼近“過去”報道でチャラ芸を続けることができるのか? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

EXIT兼近“過去”報道でチャラ芸を続けることができるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤原三星dot.
10代の頃、兼近が働いていた札幌の街(Gettyimages)

10代の頃、兼近が働いていた札幌の街(Gettyimages)

  今、若者を中心に大ブレイク中なのが笑いコンビのEXIT。りんたろー。(33)と兼近大樹(28)のふたりが2017年12月に結成、翌年4月にはコンビ結成最速の単独ライブ完売を果たし、パリピ口調のチャラ男キャラでしゃべくり漫才を確立させ、急速に人気を伸ばした。また、見た目とは裏腹に老人ホームやベビーシッターのアルバイトをしているなど意外と好青年な素顔が明らかになり、好感度も急上昇中。今ではバラエティ界にも進出し、お茶の間からの人気も博している。

【写真】りんたろー。と兼近のコンビ「EXIT」

 そんなネオパリピ系漫才師として大ブレイク中のEXITに「文春砲」が炸裂した。9月5日発売の「週刊文春」で、兼近が20歳のときに売春防止法違反の疑いで逮捕され、罰金刑の有罪判決と受けていたことが報じられたのだ。週刊誌記者は次のように語る。

「兼近が地元の北海道にいた頃の話ですが、当時19歳の女子生徒に買春斡旋をしていた罪で罰金刑に処され、別の窃盗事件では関与を疑われ、拘留されていたことが明らかになりました。文春の直撃に対して彼は素直に過去を認め、むしろ『正直、いつか絶対バレることなんで』『今、文春さんが知ってくれたっていうことで正直嬉しかったです』とコメント。文春発売後、兼近は自身のツイッターで『見出しだけで判断せず、買って内容を読んでみてください』とつぶやき、過去から逃げないというそのスタンスにネット上では称賛の声が多数あがりました。闇営業騒動の直後だったので、吉本もかなりセンシティブな対応をするかと思われ、文春に対し法的措置も検討しているともコメントしています」

 EXITがゲスト出演の予定だった7日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)は、お蔵入りすることなくそのままオンエアされた。しかし、同じく7日に開催された「第29回東京ガールズコレクション(TGC)2019 AUTUMN/WINTER』は出演をキャンセル。月曜レギュラーを務めている『おはスタ』(テレビ東京)も出演を見合わせるなど影響も出ている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい