突然回ってきた“大役” 甲子園で奮闘した「急造投手」の物語

2019/08/17 16:00

 連日熱戦が行われている第101回全国高校野球選手権大会。今年もどんなドラマが生まれるか大いに楽しみだが、懐かしい高校野球のニュースも求める方も少なくない。こうした要望にお応えすべく、「思い出甲子園 真夏の高校野球B級ニュース事件簿」(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に、夏の選手権大会で起こった“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「急造投手奮闘す!編」だ。

あわせて読みたい

  • 漫画のようなエピソードも! “無名校”を甲子園に導いたプロ野球選手たち

    漫画のようなエピソードも! “無名校”を甲子園に導いたプロ野球選手たち

    dot.

    8/8

    “嘘みたいな理由”でコンバートも…意外と多い、元捕手だった球界の名投手たち

    “嘘みたいな理由”でコンバートも…意外と多い、元捕手だった球界の名投手たち

    dot.

    4/25

  • 「死者にむち打つ行為」夏の甲子園がかかった決勝、議論を呼んだ“手堅過ぎる作戦”

    「死者にむち打つ行為」夏の甲子園がかかった決勝、議論を呼んだ“手堅過ぎる作戦”

    dot.

    7/19

    完投してない投手が完封? 広島・野村祐輔も経験したセンバツの“超珍事”

    完投してない投手が完封? 広島・野村祐輔も経験したセンバツの“超珍事”

    dot.

    3/28

  • 「それを本当に実行するの?」甲子園で誰もが予想しなかった“大胆な奇策”

    「それを本当に実行するの?」甲子園で誰もが予想しなかった“大胆な奇策”

    dot.

    8/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す