イライラするぐらいなら食事は適当でいい……東大ママの「魔法のおいしい粉」とは (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

イライラするぐらいなら食事は適当でいい……東大ママの「魔法のおいしい粉」とは

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山奈津子dot.
杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など。杉山奈津子ツイッター(@suginut)

杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など。杉山奈津子ツイッター(@suginut)

「豆腐が好きじゃない」という息子……たんぱく質は牛乳を飲ませている。とにかく必要なたんぱく質を体内に入れてしまえばいい(写真:Getty Images)

「豆腐が好きじゃない」という息子……たんぱく質は牛乳を飲ませている。とにかく必要なたんぱく質を体内に入れてしまえばいい(写真:Getty Images)

 うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格。ベストセラー『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』の著者・杉山奈津子さんが、今や5歳児母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。

 この連載が本になりました。タイトルは『東大ママのラク&サボでも「できる子」になる育児法』です。杉山さん自身が心理カウンセラーとして学んできた学術的根拠も交えつつ語る「私の育児論」を、ぜひご覧ください。

*  *  *
 うちの息子は、あまり「ご飯大好き!」という子どもではありません。自分が考えていた男の子は、常に、「おなか減った!」「お肉が食べたい」と言っているイメージだったのですけれど。まだ5歳だからかもしれませんが、お肉もさっぱりした鶏肉しか食べません。

 スマートフォンアプリの「鬼から電話」で、ゾンビが「ご飯を食べない子のところにいくぞ」と脅かしたり、『いちにちじごく』という絵本で「ご飯の途中で遊んでいる子が落ちる地獄」のページを見せたりすれば、急いで食べるのですが……。

 あまり「ちゃんと食べなさい!」と言われると、心理的リアクタンスが働いて、余計食べたくなくなるものです。

 実際、私は子どもの頃にかなり小食だったのですが、「ちゃんと残さず食べなさい」とか、学校で、「給食を食べ終わるまで遊んではいけない」と言われるのが、ものすごく苦痛だった記憶があります。その影響が残ってしまい、かなり大きくなるまで、「食事は義務」くらいに思っていたことがあります。

■小児科の先生に相談して言われたこと

 本来なら、ご飯は楽しんで食べるのが理想です。「食べなくてはいけないと思いながら食べるなんて、人生の楽しみの一つを捨てている」と言われたことがあります。そして今は、私もそのとおりだと思えます。だからこそ、幼少期に食事に嫌な気持ちをもたせないことは、重要だと思います。

 そこで小児科の先生に相談してみたのですが、やはり「子どもが嫌がるようになるくらいなら、ご飯は無理やり食べさせなくてよい」と言われました。「人間は本能で、必要なぶんの栄養素は食べようとするから大丈夫」「成長曲線からはみ出さなければ様子見でいい」のだそうです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい