タイのおもしろ日本語看板が第2フェーズに突入? <下川裕治の旅をせんとや生まれけむ> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

タイのおもしろ日本語看板が第2フェーズに突入? <下川裕治の旅をせんとや生まれけむ>

連載「旅をせんとや生まれけむ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

看板はちゃんとデザインされている。やはりこれは間違いではない?

看板はちゃんとデザインされている。やはりこれは間違いではない?

「おや?」と思って立ち止まる。そしてはじまる旅の迷路――。バックパッカーの神様とも呼ばれる、旅行作家・下川裕治氏が、世界を歩き、食べ、見て、乗って悩む謎解き連載「旅をせんとや生まれけむ」。第6回は「タイのおもしろ日本語」について。

【「喫茶店カフェ」の看板はこちら】

*  *  *
 日本からタイへ。タイから日本へ。それぞれ年間100万人を超える人々が行き来する時代である。それぞれの国の言葉が互いに定着していくのは自然だろう。日本ではパクチー、ガパオといったタイ語がメニューに躍り、タイでは温泉、おいしいといった日本語を多くの人が知っている。

 そういう文脈でとらえていいのだろうか。

 その日、僕はBTSという高架電車に乗って、バンコク郊外のサムローンを訪ねた。駅近くにショッピングモールがあった。そこに入ろうすると、入口脇にある一軒の小さなコーヒーショップが目にとまった。

<KISSATEN Cafe>
(実際にはeはアクセント記号付き)

 その店名の前で固まってしまった。

「喫茶店カフェ?」

 これは間違えたのだろうか。

 タイ人が日本に旅行に出かけたとする。日本人と会い、コーヒーを飲んだ。そのとき、日本人たちは、「喫茶店」と呼んでいた。

「日本ではコーヒーを飲む店を喫茶店と呼ぶのか」

そのタイ人がタイでコーヒーショップを開いた。店名で悩んだとき、ふと、日本旅行を思い出した。

 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい