野球を愛した「悪童」伊良部秀輝、今も鮮明に残る“剛腕”の記憶

2019/07/27 11:30

 突然の訃報から8年が経った。その巨体から繰り出す剛速球で、かつて「日本最速右腕」として日米にその名を轟かせた伊良部秀輝。その彼がロサンゼルス郊外にある自宅で自ら首を吊って死亡しているところを発見されたのが、2011年7月27日のことだった。

あわせて読みたい

  • 日本人には無理なのか…“夢の160キロ”だった時代、大台突入を予感させた「豪腕列伝」

    日本人には無理なのか…“夢の160キロ”だった時代、大台突入を予感させた「豪腕列伝」

    dot.

    6/5

    球童 伊良部秀輝伝

    球童 伊良部秀輝伝

    週刊朝日

    7/3

  • イチローがもし日本でプレーを続けていたら…実現して欲しかった対戦は?

    イチローがもし日本でプレーを続けていたら…実現して欲しかった対戦は?

    dot.

    6/28

    宿敵・巨人の選手も時に応援… 阪神ファンの人情味溢れる「素敵なエピソード」

    宿敵・巨人の選手も時に応援… 阪神ファンの人情味溢れる「素敵なエピソード」

    dot.

    4/26

  • イチローがファンから“襲撃”? 本人も「怖かった」と回顧した逃走劇

    イチローがファンから“襲撃”? 本人も「怖かった」と回顧した逃走劇

    dot.

    5/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す