沿線活性化を目指す、京急電鉄の企画イベントが人気の理由

鉄道

2019/07/23 16:00

 2018年2月に創立120周年を迎えた京急電鉄(本社・東京都港区)は、これまでに32の記念事業を行ってきた。駅名看板を「京急かぁまたたたたーっ駅(京急蒲田駅)」と変えてしまった人気漫画「北斗の拳」とのコラボキャンペーンをはじめ、人気キャラクターで埋め尽くされたラッピングトレインを運行させるなど、企画イベントはいずれも話題を集めてきた。

あわせて読みたい

  • 【写真特集】「ONE PIECE」一色の京急沿線「生麦わらの一味駅」も

    【写真特集】「ONE PIECE」一色の京急沿線「生麦わらの一味駅」も

    7/23

    キラキラ駅名反対の声、京急に届いた? 「よく踏みとどまった」

    キラキラ駅名反対の声、京急に届いた? 「よく踏みとどまった」

    AERA

    2/5

  • きっぷの券面から「平成」が消えていた!進む鉄道業界の「元号離れ」

    きっぷの券面から「平成」が消えていた!進む鉄道業界の「元号離れ」

    ダイヤモンド・オンライン

    5/7

    通勤需要が観光需要を上回る 関東「私鉄特急戦国時代」

    通勤需要が観光需要を上回る 関東「私鉄特急戦国時代」

    dot.

    7/30

  • 特急より速いのが超特急は昭和時代の話! 特急よりも上の私鉄の看板列車たち

    特急より速いのが超特急は昭和時代の話! 特急よりも上の私鉄の看板列車たち

    dot.

    8/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す