Mattの「金言」に共感集まる アンチはねのけ個性を主張 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Mattの「金言」に共感集まる アンチはねのけ個性を主張

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
さらなるブレイクなるか?Matt(所属事務所提供)

さらなるブレイクなるか?Matt(所属事務所提供)

 タレントのMattが7月7日に放送された「7.2新しい別の窓」(AbemaTV)に出演し、美容テクニックや画像加工テクニックを伝授したことが話題になった。番組では「新しい地図」の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、ゲスト出演していた池田美優(みちょぱ)ともに加工を実体験。自身のインスタグラムでは「#みんなをMatt化w」というハッシュタグとともに、Mattのようなシャープな輪郭、デカ目、ツヤ肌になった「新しい地図」の3人との加工写真を公開。これにファンからは、「マット化はやるね笑」「わたしもMatt化したい」などのコメントが寄せられるなど、注目を集めた。

父・桑田真澄が甲子園で見せた「神対応」 

 Mattといえば、元プロ野球選手の桑田真澄氏の次男で、ブライダルモデルやアーティストとしても活動。マネキンのようなインパクトのあるメイクで知られ、たびたびビジュアルや美を追求する姿が話題になるが、意外と彼自身の発言には人々の心に響くような言葉が見られるのだ。

 例えば、SNSでの誹謗中傷について。バラエティ番組で「エゴサーチをするか?」という質問に、「しないんですけど、SNSで言われたらします」と返答。さらに、「言われている人って主役であって、言っている人は脇役だと思っていて、だから言われている時は自分が輝いていると思って、勝手に言っときなさいって感じ」と見解を語り、スタジオから歓声が上がっていた(「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」2019年7月8日放送)。また、3月25日のインスタグラムライブ配信では、誹謗中傷コメントを送り続けるアンチに、「こんなこと言いながらもずっと見ているっていうのは興味があるってことだろうし」と穏やかに対応していた。

 バッシングにもポジティブ。そんな彼の価値観に共感できる人は多いのでは? さらに、「美」に関しても面白い名言が。

 何を言われても「きれい」を追求していきたいそうで、「人は僕のことを不自然というけれど、きれいって不自然なものだと思います」とMatt。さらに、憧れや目標の人は存在せず、「僕は自分が理想とする『Matt』というキャラクターになりたい」と告白(「大手小町」2018年7月19日付)。また、3月にはインスタグラムのストーリー機能を使って、メイクの可能性についてコメント。「僕は何通りもの自分とメイクを通して出会うことができます」「僕は自分の顔を愛しています。知り尽くしているからこそ最大の可能性を発揮できます」と、独自の信条を明かしていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい