アホな部下のミスが許せない。できる上司のアンガーマネジメント<アホから解放される相談室> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アホな部下のミスが許せない。できる上司のアンガーマネジメント<アホから解放される相談室>

連載「アホから解放される相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田村耕太郎さん

田村耕太郎さん

ピリピリしている限り、人はついてこない ※写真はイメージです

ピリピリしている限り、人はついてこない ※写真はイメージです

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークアンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、シリーズ75万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読者からは、「それでも戦ってしまう……」と多くの悩みの声が寄せられているという。日々の仕事・暮らしの中で「アホ」に悩んでいるあなたに、ちょっとでも気持ちが楽になるヒントを田村さんが提案する連載「アホから解放される相談室」。今回は「部下のミスにイラだってしまう」ことについて。

*  *  *
【相談】
 最近、部下が仕事でミスをしました。なんとか怒鳴るのはこらえたのですが、「なぜそんなことをしたのか」「なぜ事前に相談しなかったのか」と、部下の顔を見るたびにイライラが止まりません。
もともと自分はピリピリしやすい人間性であると自覚しています。部下の失敗におおらかに対処したり、感情を一定保ったりするにはどうしたらいいのでしょうか。

■部下は自分の鏡

 私が一番影響を受けた言葉は「It’s not the end of the world」という言葉です。これは世界のリーダーがよく使う言葉です。この言葉に何度救われたか。

 われわれ日本人は「この世の終わり」のように、どうでもいいことにプレシャーを受けて育ち、知らない間に同僚や後輩にそのプレッシャーを与え続けているのです。

 致命的な失敗なんて、ほとんどが全然致命的でもなんでもないのです。何か失敗や失態を見られた、と思っていても、相手は自分が思うほど気にしていないというか、見てくれていません。「穴が開くほど恥ずかしい」と思うことなんか誰も何とも思っていないことがほとんどです。
 
 私自身、じつは昔はミスが許せないタイプの人間でしたが、最近は全くカリカリしなくなり、私に対してミスを犯した人も笑顔でハグできます。
 
 そうすると、信じられないくらい相手の態度が変わります。昔のピリピリしていた自分なんて、自分が思うほど皆覚えてくれていないのです。青臭く対立した人もぼろくそに言ってしまった人も、こちらが思うほど暇ではないし、こちらが変われば多くの場合受け入れてくれるのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい