50代と60代の再婚 病気で別れの危機も? 熟年ゆえの迷いと気づき (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

50代と60代の再婚 病気で別れの危機も? 熟年ゆえの迷いと気づき

50歳から結婚してみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
時政美由紀dot.#婚活#時政美由紀#結婚
彼の住むアパートに持ってきた家具は椅子2脚だけ(※写真はイメージ)

彼の住むアパートに持ってきた家具は椅子2脚だけ(※写真はイメージ)

50歳から結婚してみませんか?

スローマリッジ取材班

978-4023332799

amazonamazon.co.jp

「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、ここ20数年で50歳前後の結婚増加が判明。総数から見れば少ないものの、“50歳からの結婚”が増えていることは間違いないようだ。連載「50歳から結婚してみませんか?」では、結婚という大きな決断を50歳で下すことになった女性の本音とリアルに迫る。第22回は、川上芳子さん(仮名・57歳)、久志さん(仮名・62歳)夫婦の後編をお届けする。

*  *  *
 中高年向けの結婚相談所のパーティで出会い、つき合いが始まった川上芳子さん(仮名・57歳)と久志さん(62歳)。

 しかし、つき合い始めてすぐに“危機”が訪れる。

「私が冬場に体調を崩して、入院することになったんです。後で聞いた話なんですが、主人は私の体が弱いのではないかと心配になり、別れることを考えたようなんです(苦笑)」

 後ろ髪を引かれる思いの久志さんは、このままでは忍びないと、病院にお見舞いに行く。すると……、芳子さんは満面の笑みで久志さんを迎えてくれたのだ! 別れようと思って会いに行ったのに、その笑顔を見た瞬間、久志さんの気持ちが変わる。

「そんなにニコニコしていたんですかね。私は、彼に会いたくてしょうがなかったので、お見舞いに来てくれて本当にうれしかったんだと思います」

 幸い、芳子さんの体調はすぐに回復し、久志さんが心配するようなことはなかった。

■仏教の教えに逆らっているのは自分自身だった!

「体が弱いのでは、という理由で、おつき合いをひるんでしまって。なんとも情けないです。でも、彼女は僕のことを待っていてくれた。そして、その笑顔を見た瞬間、僕も彼女に会いたかったんだって、気がついたんです」

 たまたま芳子さんが体調を崩しただけで、自分が病気になることだってある。つき合い始めたばかりなのに、どうして先を憂うのか。今を生きずに、どうして先の心配ばかりするのか。まさに、仏教の教えに逆らっていたのは、自分自身だと気づいたのだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい