浜ちゃん相手に演じ切った杉咲花ちゃん 広瀬すず、戸田恵梨香に続けるか? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浜ちゃん相手に演じ切った杉咲花ちゃん 広瀬すず、戸田恵梨香に続けるか?

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.#矢部万紀子

大ブレイクしそうな杉咲花  (c)朝日新聞社

大ブレイクしそうな杉咲花  (c)朝日新聞社

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

 少し古い話で恐縮だが、昨年末の「笑ってはいけないトレジャーハンター」で一番特をした出演者は、杉咲花ちゃんだと思う。

【クールな表情で週刊朝日の表紙を飾った杉咲花の写真はこちら】

 言わずと知れた「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の年末特番。近年、お笑い芸人界でない方々に「出た方が得」が定着しているように見える。

 だから「トレジャーハンター」に古館伊知郎が出て立川志らくも出たことは、それほど不思議ではない。登坂淳一が出た理由もわかる(台詞を忘れてしまっていたが)。細川ふみえとアンミカと藤田朋子が、リンボーダンスネタに挑戦したのも同様だ。

 彼ら彼女らは、程度の差はあれど「あの大物が」枠としての出演で、登場の瞬間に「おー」となり、やり切ればダウンタウン&ココリコ&月亭方正というメンバーに笑ってもらえる。

 だが、杉咲花ちゃんは違う。ロバートの秋山竜次と組んで「バスでのネタ披露」の枠に登場、「尼崎歌劇団を受験する女子高生2人」という設定の長いコントに挑んだ。

 ダウンタウンの目の前でコントをするなんて、ベテラン芸人でもひるむ場面だ。だが花ちゃん、終始堂々とした落ち着きっぷり。中でも「家に帰ったら死体があったときの表情」が最高だった。突然、「いやーー」と叫び、後ろに倒れこむ。うまい。大迫力。画面に「スイッチの入れ方が凄い」と文字が入った。しかもそれで終わりではなく、詳細は省くが浜田雅功の顔をさわりまくり、「落ち」へ持っていったのだ。

 あの浜ちゃん相手に演じ切った後、花ちゃんの主演映画の宣伝が流れた。そのための出演だとわかったが、芝居の上手さ、肝の座り具合を認識させられ、宣伝も不快にならない。花ちゃん、すっごく得したと思う。

 そして年が改まり、時は過ぎての1月17日。「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)に花ちゃんが出ていた。同日スタートの主演ドラマ「ハケン占い師アタル」の宣伝だった。

 驚いたのが、花ちゃんの小柄さ。180センチを超す羽鳥と並ぶと、余計際立った。そこで花ちゃん、ドラマで共演する志田未来の話をしていた。「ずっと憧れていた」人だから向き合って芝居できてうれしかった。そう言っていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい