女子アナ「負け組」はカトパン、有働、田中みなみ 「勝ち組」は負け犬キャラの… (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

女子アナ「負け組」はカトパン、有働、田中みなみ 「勝ち組」は負け犬キャラの…

このエントリーをはてなブックマークに追加
平田昇二dot.
ドラマへの出演が目立ったカトパンだが… (c)朝日新聞社

ドラマへの出演が目立ったカトパンだが… (c)朝日新聞社

気取らないキャラで人気の日テレの水卜麻美アナ (c)

気取らないキャラで人気の日テレの水卜麻美アナ (c)

 2018年も数多くの女子アナたちが話題を振りまいたが、例年以上に激動の年だったと言っても過言ではないだろう。そして19年の女子アナたちの動向は?

【負け犬キャラで勝ち組となった女子アナは?】

 年の瀬には、コスプレや“闇キャラ”でブレーク中のTBSの宇垣美里アナが来年3月いっぱいで同局を退社し、フリーに転身することが明らかに。

 12月1日には元フィギュアスケート選手の小塚崇彦氏との離婚秒読みと言われている元フジの大島由香里アナが、女優・北川景子らが所属する「スターダストプロモーション」に所属することが発表された。

 また振り返れば、16年にフリーに転身した「カトパン」こと元フジテレビの加藤綾子アナがNHK連続テレビ小説「半分、青い。」やTBS系ドラマ「ブラックペアン」などで本格的な女優活動をスタート。

 9月にはNHKからフリーに転身した有働由美子アナが日本テレビ系「NEWS ZERO」のキャスターに就任した。
 
「2020年の東京五輪開催に向けて情報番組が増えていく中、今後女子アナの需要や活躍の場が増えていくことが予想されています。実際、大島アナと契約した『スターダストプロモーション』をはじめ、複数の大手芸能事務所が以前から五輪特需を鑑みて、女性アナウンサーやキャスターの発掘や育成に力を入れています」(芸能評論家・三杉武氏)

 もっともプラスの要素ばかりいうわけではないようで、「以前なら大物芸人がMCを務めるバラエティー番組やクイズ番組のアシスタントといえば女子アナの独壇場でしたが、近年では『HKT48』の指原莉乃さん、小島瑠璃子さん、SHELLYさん、滝沢カレンさんなどアイドルや女性タレント、モデルの進出も目立ち、侵食されているイメージもあります」とのこと。

 お笑い芸人が情報番組のMCやコメンテーターを務めたり、俳優としてドラマや映画に出演したりするのが当たり前になっている昨今。

 芸能人の“マルチタレント化が進む中、当然女子アナに関してもルックスやアナウンス技術が優れていればOKという時代ではなく、個性やタレント性がより重要視されてくる。

 それがフリーの身となればなおさらだ。

 民放テレビ局の編成担当は語る。

「加藤さんの女優業進出はその最たるケースでしょう。本人はかなり本気で演技の勉強に取り組んでいるようですが、元々演技に興味があったことに加えて、危機感もあるのではないでしょうか。昨年に女性誌『an・an』での肘ブラなどのグラビアが話題になった田中みな実さんもそうですが、シビアな話、2人ともフリー転身前に期待されていたほどの活躍は見られていないというのが実情です。局アナの中でも美貌や個性が際立っていた両人ですが、フリーとなり“芸能人”という大まか括りの中で勝負していくうえで、苦労する部分もあるのでしょう」

 そのうえで続ける。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい