白石麻衣、「2018年のCM女王」はなぜ幅広い層から支持を得たのか? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

白石麻衣、「2018年のCM女王」はなぜ幅広い層から支持を得たのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
白石麻衣 (c)朝日新聞社

白石麻衣 (c)朝日新聞社

■豚汁、ポテサラ、だし巻玉子…料理上手で有名

 ニホンモニターが12月3日、2018年1月~11月のCM出稿状況を基にした「2018タレントCM起用社数ランキング」を発表し、乃木坂46・白石麻衣(26)が男女総合で単独1位に輝いた。起用社数は18社で、15社の広瀬すず(20)や12社の有村架純(25)といった人気女優たちを抑えて、CM女王の座を獲得し、その人気ぶりを証明する結果となった。

【過去最大級にセクシー!白石麻衣写真集での大胆ショットがこちら】

 白石は、化粧品からスマホアプリまでさまざまなジャンルのCMに出演した。さらに、昨年2月に発売された2nd写真集「パスポート」(講談社)がロングヒットし、11月には累計発行部数33万部を突破。コアなファンだけでなく、
幅広い層から支持されていることがうかがえる。

 どうして、白石は幅広い層から好感度が高いのか。週刊漫画誌のグラビア担当デスクは「好感が持てるエピソードが多いことも人気が高い理由でしょう」と話す。

「まず、性格がとても優しい。お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔(38)がバラエティー番組で明かしていましたが、村本は白石の大ファンで、ある番組で共演した際、白石に『好き』とずっと言っていたそうなんです。そんななか、村本の印象を聞かれた白石は『中の下』と発言しました。村本はこれにショックを受け、収録後、足早に帰宅しようとしたのですが、白石は村本を追いかけ『さっきの嘘です。好きですよ』と言ったそうなんですよ。もちろん気遣いからの言動だと思いますが、村本いわく、わざわざ言ってくれたことがうれしかったそうです。また、別の番組で紹介された話ですが、祖母が農家で、子供の頃から野菜は好きでもトマトだけは苦手だったらしいのですが、白石は祖母の前では大喜びでトマトを受け取っていたそうです」

 相手のことを考えて心を尽くす。そんな白石の気遣いエピソードにファンならずとも感心してしまうが、好印象といえば、料理上手な一面もある。

 親の手伝いで小さい頃から料理をしていた白石。ただ、作るのではなく、豚汁の場合は、ゴボウをカリッとなるまで炒め、本格的に煮込む前に具材を蒸し煮。ポテトサラダも玉ねぎを炒めるなど、ひと手間かけるという。テレビ番組のお弁当作り企画では、オムライス、豚肉と大根の煮物、だし巻き卵、トマトの生ハム巻き、フルーツと派手さはないが、バランスの良いお弁当を披露し、共演者でお笑いコンビのバナナマンから絶賛されていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい