中日がドラフトで本当に「狙うべき選手」は根尾ではない【西尾典文】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中日がドラフトで本当に「狙うべき選手」は根尾ではない【西尾典文】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.

大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

大阪桐蔭・根尾昂 (c)朝日新聞社

 今月25日に開かれるプロ野球ドラフト会議。今年も大阪桐蔭・根尾昂や金足農・吉田輝星をはじめ、球界の未来を担う逸材が揃っている。では、いったい各球団はどんな選手を獲得すればいいだろうか。野球ライターの西尾典文氏に過去の傾向も踏まえて、12球団の「おすすめ選手」を分析してもらった。今回は今季セ・リーグ5位に沈んだ中日ドラゴンズだ。

【進路表明会見を行った吉田輝星投手】

*  *  *
 何とか最下位は逃れたものの、リーグワースト記録を更新する6年連続Bクラスとなった中日。今シーズンで岩瀬仁紀、荒木雅博、浅尾拓也が引退したが世代交代はまだまだ進まず、外国人の依存度が高いチーム状況に変わりはない。

・過去10年支配下指名選手内訳
高校生投手:16人(主力:1人 戦力:4人)
高校生野手:7人(主力:1人 戦力:0人)
大学生・社会人投手:20人(主力:4人 戦力:4人)
大学生・社会人野手:20人(主力:2人 戦力:5人)

・過去10年上位指名選手内訳
高校生投手:8人(主力:1人 戦力:2人)
高校生野手:2人(主力:1人 戦力:0人)
大学生・社会人投手:8人(主力:2人 戦力:3人)
大学生・社会人野手:2人(主力:1人 戦力:1人)

・過去10年育成指名選手内訳
高校生投手:3人(主力:0人 戦力:0人)
高校生野手:1人(主力:0人 戦力:0人)
大学生・社会人投手:8人(主力:0人 戦力:1人)
大学生・社会人野手:6人(主力:0人 戦力:0人)

 それなりに主力選手になっているが、上位指名から主力となった5人をバイネームで並べると、岡田俊哉、高橋周平、大野雄大、又吉克樹、京田陽太となり、スケールの大きさが感じられない。下位指名から主力になった選手でもリーグを代表するレベルは大島洋平だけ。2002年からに11年連続Aクラスと抜群の安定感を誇り、特に落合博満監督が指揮を執った8年間で4度のリーグ優勝と黄金期を迎えていたこともあって、レギュラーの壁が厚かった影響ももちろんあるが、世代交代がいかにうまくいっていないかがよく分かるだろう。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい