Sexy Zone中島健人がガチ告白!「英語好きな彼女募集します」 その理由は? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Sexy Zone中島健人がガチ告白!「英語好きな彼女募集します」 その理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
神素子dot.

「これを読むあなたかもしれない!」(※写真はイメージです)

「これを読むあなたかもしれない!」(※写真はイメージです)

 人気アイドルグループ「Sexy Zone」のメンバーとして、また俳優としても活躍中の中島健人さん。英語の切り返しの速さ、発音のよさは秀逸だ。中島さん流の英語への関わり方とは? 「AERA English 2018 Autumn & Winter」(朝日新聞出版)のインタビューから、一部を抜粋してお届けする。

*  *  *
 一番好きな英語の言葉は? そう問われると、多くの人は一瞬考え込む。だが、この人は迷わない。インタビュアーの目を見つめ、即答した。

“I will love you forever.”
“I’m always thinking about you.”

 ファンならずとも卒倒しそうだ。サービス精神旺盛、王子キャラ、天性のアイドル、それが「ケンティー」こと中島健人さんだ。

 Sexy Zoneには、英語が堪能なマリウス葉さんがいる。テレビやラジオで「マリウス先生」にメンバーが英語を教わることもあるが、中島さんの切り返しの速さ、発音のよさは秀逸だ。英語学習歴は長いのだろうか?

「僕と英語の関係には、愛を注ぐ蜜月期と、なんとなく距離ができる倦怠期があるんですよね」

 蜜月期と倦怠期……ファンの間で「ケンティーワールド」と呼ばれる独特の表現で、中島さんは英語への思いを語ってくれた。

「小学生のとき、同じクラスにオーストラリア人の友だちがいたんです。彼が海外の人と英語で話している姿を見て、日本語ではない言葉が飛び交う時間に魅力を感じました。僕もナイショ話を英語でしてみたいなぁって思ったんです。みんなが理解できない言葉でこそこそ話しているのが楽しかった」

 それが最初の蜜月期。小学4年生で英会話を習い始めるが、1年と続かなかった。

「ネイティブスピーカーの先生が、いつもつまらなそうだったんです」

 と残念そうに振り返る。中学生になって英語の授業が始まると、また倦怠期が始まる。理由は、文法を習う意味がわからなかったから。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい