中瀬ゆかり「北杜夫、野坂昭如氏ら大作家にご迷惑をかけた“21世紀処女”の私」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中瀬ゆかり「北杜夫、野坂昭如氏ら大作家にご迷惑をかけた“21世紀処女”の私」

連載「50代ボツイチ再生工場」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#中瀬ゆかり

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに

TOKYO MX「5時に夢中!」の出演者と。右からふかわりょう、中瀬ゆかり岩下志麻子(写真:筆者提供)

TOKYO MX「5時に夢中!」の出演者と。右からふかわりょう、中瀬ゆかり岩下志麻子(写真:筆者提供)

 MXテレビ「5時に夢中!」という番組内で、作家の岩井志麻子さんからもたびたびネタにされているが、あちらが「日本一のエロババア」の異名をとるのに対し、私は「21世紀処女」。まことに不名誉な称号である。「世紀をまたいで性器をまたがず」がキャッチコピー。はい、文字通り、トウチャンとは東西南北どこから見ても立派な「セックスレスカップル」デシタよ。最初のうち(2002、3年くらい)は、ただのジョークとしてみなさん笑ってくださっていたのだが、21世紀で干支がぐるりと一周したあたりから洒落にならなくなり、こちらも今更やりましたともいえず(実際やってないし)、時は流れ、もはや、やり方すら覚えてないレベルに至った。

【岩下志麻子さんと一緒に】

「あんなにテレビで下ネタバンバン言ってるのに、嘘だよね?」と疑問も頂くが、違うんです。むしろ現役時代のほうが恥ずかしくて人前、ましてや公共の電波を通じて「ち●ぽ」なんて口にするキャラではなかったのだが、いまや、局から「チンベル」なるものを貸し出されるくらいにその使用頻度は高まっている。そう、もはや「ち●ぽ」は私の中で、想像上の産物、くらいの立ち位置になった。だからこそ、まるでいきものの名前を呼ぶくらいの気持ちで軽々と発声できるのだ。

 とはいえ、トウチャンとは肉体的接触は普通のカップルより多かったくらい、毎朝毎晩のキス&ハグ、四六時中くっついていたし、外出時にも手をつないだり、肩を抱いたり、まさに「欧米か!」と突っ込まれるくらいのチャーミーグリーンぶりだったのだ。

 トウチャンはよく「わしはプロのインポやから……本因坊(ほんいんぼう)って呼んでくれ」が口癖だった。あるとき、それを躁病のときの北杜夫さんに話したら、ご自宅に呼び出され、「ペコ、これでご主人様に刺激を与えてあげなさい」と100円ショップで買った化粧用のハケをプレゼントされたのだが、残念ながらくすぐったがるばかりで効果はなかった。トウチャンに同情した野坂昭如氏からは外国の怪しい精力剤を渡されたり……。

 担当の大作家にまで我々のどうでもいいセックスレス問題でご心配をおかけして、この結果だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい