「ポジティブ思考」が実はヤバい理由

朝日新聞出版の本

2018/09/04 07:00

 いつも機嫌よくいたい。それなのに、ちょっとしたことでウジウジ、イライラしてしまう。おそらく多くの人が、なんとか「ネガティブ感情をポジティブ思考で『ポジティブ』に変換したい、と思うのではないか。しかしスポーツドクターの辻秀一さんは、この方法は必ずしも得策ではないと言う。それはなぜなのか? ではどうすればいいのか? 優良企業や一流アスリート、有名アーティストなど数多くの指導実績があり、最近『先生、ウジウジ・イライラから一瞬で立ち直る方法を教えてください!』(朝日新聞出版)も刊行した同氏に「本当に効果的なメンタルマネジメント法」を聞いた。

あわせて読みたい

  • 剛力彩芽、ZOZO前澤氏のSNSは、なぜこんなに荒れるのか

    剛力彩芽、ZOZO前澤氏のSNSは、なぜこんなに荒れるのか

    dot.

    7/30

    嫌な事を「飲んで忘れる」はNG? 専門家が怒りの対処法解説

    嫌な事を「飲んで忘れる」はNG? 専門家が怒りの対処法解説

    AERA

    10/19

  • ゴキゲンかどうかが大切? AIにはない人間だけの特性とは

    ゴキゲンかどうかが大切? AIにはない人間だけの特性とは

    dot.

    9/3

    楽天CMOが実践する「仕事の仕方が変わるポジティブ思考」とは?

    楽天CMOが実践する「仕事の仕方が変わるポジティブ思考」とは?

    AERA

    9/1

  • 一度怒りだすと止まらないのはワケがあった! イライラママが知っておくべき科学的メカニズム

    一度怒りだすと止まらないのはワケがあった! イライラママが知っておくべき科学的メカニズム

    AERA

    12/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す