「ポジティブ思考」が実はヤバい理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ポジティブ思考」が実はヤバい理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

辻秀一(つじ・しゅういち)/1961年生まれ。スポーツドクター、株式会社エミネクロス代表。応用スポーツ心理学をベースにしたメンタルトレーニング「辻メソッド」は、一流スポーツ選手やトップビジネスパーソンに熱い支持を受けている。37万部突破の「スラムダンク勝利学」(集英社インターナショナル)』など多数の著書がある。最新刊は「先生、ウジウジ・イライラから一瞬で立ち直る方法を教えてください!」(朝日新聞出版)

辻秀一(つじ・しゅういち)/1961年生まれ。スポーツドクター、株式会社エミネクロス代表。応用スポーツ心理学をベースにしたメンタルトレーニング「辻メソッド」は、一流スポーツ選手やトップビジネスパーソンに熱い支持を受けている。37万部突破の「スラムダンク勝利学」(集英社インターナショナル)』など多数の著書がある。最新刊は「先生、ウジウジ・イライラから一瞬で立ち直る方法を教えてください!」(朝日新聞出版)

 いつも機嫌よくいたい。それなのに、ちょっとしたことでウジウジ、イライラしてしまう。おそらく多くの人が、なんとか「ネガティブ感情をポジティブ思考で『ポジティブ』に変換したい、と思うのではないか。しかしスポーツドクターの辻秀一さんは、この方法は必ずしも得策ではないと言う。それはなぜなのか? ではどうすればいいのか? 優良企業や一流アスリート、有名アーティストなど数多くの指導実績があり、最近『先生、ウジウジ・イライラから一瞬で立ち直る方法を教えてください!』(朝日新聞出版)も刊行した同氏に「本当に効果的なメンタルマネジメント法」を聞いた。

*  *  *
「問題」には必ず「原因」があり、「原因」を突き止めれば「解決法」が見えてくる。これが問題解決の常道です。

 つねに問題解決的な思考をしているビジネスパーソンなどは、ふとネガティブ感情に襲われたときにも、「何が自分をこんなに落ち込ませているのか」と考えようとするかもしれません。

 でもネガティブ感情の「原因」は、そのつど異なります。「パフォーマンスを下げないために、なるべく素早くネガティブ感情から立ち直りたい」というときに、ちくいち「原因」を探るのは大変です。ともすれば、原因が見つからず、解決法もわからない「原因迷子」になって、ますますパフォーマンスが下がってしまいかねません。これをワイワイ(whywhy)暴走と呼びます。

 そもそもの問題は「ネガティブ感情を引きずってしまうこと」。「何が原因か」よりも、もっといえば「原因」なんて特定できなくても、「いかに素早くネガティブ感情から立ち直るか」にフォーカスしたほうが、ずっと効率的なのです。

 では、ネガティブな状況を「ポジティブにとらえなおす」というのはどうでしょうか。

 たとえば仕事で嫌な思いをしたときに、「勉強になった」「今後の仕事に生きるはず」と考える。こんなふうに、何とか前向きに考える努力をするというのは、よくあることだと思います。

 ただ、「とらえ方を変える」というのは、一見、よさそうな方法でありながら、繰り返していると、かえってしんどくなるという難点があるのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい