「専門家」でも漏らす…人工肛門をめぐる医療従事者と難治がんの記者の攻防

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2018/08/11 16:00

 うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は「人工肛門」について。

あわせて読みたい

  • 善意にイライラ、人工肛門で医師にモノ申した日も...がん患者になった政治部記者が闘った日々

    善意にイライラ、人工肛門で医師にモノ申した日も...がん患者になった政治部記者が闘った日々

    BOOKSTAND

    5/21

    「難治がん」の記者 気がかりは配偶者のこと。目に浮かぶのは、笑顔の写真
    筆者の顔写真

    野上祐

    「難治がん」の記者 気がかりは配偶者のこと。目に浮かぶのは、笑顔の写真

    dot.

    2/3

  • 誰も父の「引導」渡せず 大センセイ、「患者も殺す」抗がん剤に疑問
    筆者の顔写真

    山田清機

    誰も父の「引導」渡せず 大センセイ、「患者も殺す」抗がん剤に疑問

    週刊朝日

    6/18

    内田春菊大腸がん闘病記 「私、人工肛門になっちゃった」

    内田春菊大腸がん闘病記 「私、人工肛門になっちゃった」

    週刊朝日

    9/10

  • 「セックスはできるのかな」内田春菊が明かした直腸がんで「人工肛門」の本音

    「セックスはできるのかな」内田春菊が明かした直腸がんで「人工肛門」の本音

    AERA

    2/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す