山田哲人、坂本勇人の打撃フォームの共通点…高卒選手を一流の打者に育てる方法【八重樫幸雄】

2018/08/10 16:00

 野球で最も難しい技術と言えばバッティングではないだろうか。3割を打って大打者と言われるように、失敗の方が圧倒的に多いのがバッティングである。また、アマチュア選手がプロで苦労することも多い。即戦力として期待されていきなり結果を残す選手は圧倒的に投手が多いことからもそれが分かるだろう。高校通算111本塁打を放ち、プロ入りしたルーキーの清宮幸太郎(日本ハム)も、やはりプロの壁に苦しんでいる。そこで今回は現役時代強打の捕手として活躍し、コーチとしても多くの強打者を育成してきた元ヤクルトの八重樫幸雄氏に、バッティングで重要なポイントを現役選手や過去の名選手について触れながら解説してもらった。

あわせて読みたい

  • ヤクルト一筋47年…八重樫幸雄が語る「フルスイング」できない選手が増えた理由

    ヤクルト一筋47年…八重樫幸雄が語る「フルスイング」できない選手が増えた理由

    dot.

    3/24

    ヤクルト期待の星・村上 「プロに入ってきた時の筒香よりも上」と八重樫氏も称賛

    ヤクルト期待の星・村上 「プロに入ってきた時の筒香よりも上」と八重樫氏も称賛

    dot.

    7/12

  • ヤクルト一筋47年、八重樫幸雄が明かす「野村再生工場のベテラン活用術」

    ヤクルト一筋47年、八重樫幸雄が明かす「野村再生工場のベテラン活用術」

    dot.

    5/6

    金足農・吉田輝星への思いと“越境人材”が東北球界にもたらした効果【八重樫幸雄】

    金足農・吉田輝星への思いと“越境人材”が東北球界にもたらした効果【八重樫幸雄】

    dot.

    9/17

  • 野村克也、広岡達朗…選手を生かす監督、名コーチの条件【八重樫幸雄】

    野村克也、広岡達朗…選手を生かす監督、名コーチの条件【八重樫幸雄】

    dot.

    7/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す