低予算映画『カメラを止めるな!』が大ヒットした奇跡の裏側

道理で笑える ラリー遠田

ラリー遠田

2018/08/04 11:30

 たった2館で公開されていた低予算のインディーズ映画が話題を呼んでいる。上田慎一郎監督の『カメラを止めるな!』である。監督&俳優養成スクール「ENBUゼミナール」の「シネマプロジェクト」の第7弾として制作されたもので、予算は約300万円。俳優はオーディションで選ばれた無名の人ばかり。6月に東京の2館で公開が始まると、SNSなどで「面白い」という評判が広まり、じわじわと人気に火がついていった。著名な映画評論家やタレントなども軒並み大絶賛している。

あわせて読みたい

  • 何かと「お金」が気になる年末、「ブレア・ウィッチ」公開で考える…映画の製作費事情

    何かと「お金」が気になる年末、「ブレア・ウィッチ」公開で考える…映画の製作費事情

    tenki.jp

    11/26

    『カメ止め』再集結! 上田監督「『無理だ』と言われると燃える(笑)」

    『カメ止め』再集結! 上田監督「『無理だ』と言われると燃える(笑)」

    週刊朝日

    8/15

  • 【月イチ映画コラム】「映画の日」は、一体いつから始まった?

    【月イチ映画コラム】「映画の日」は、一体いつから始まった?

    tenki.jp

    4/1

    「カメラを止めるな!」監督が映画祭で感無量「300円で買った服を血塗れにして撮った」

    「カメラを止めるな!」監督が映画祭で感無量「300円で買った服を血塗れにして撮った」

    週刊朝日

    11/1

  • 「生み出す人がいちばん偉い」ぴあフィルムフェスティバルが今年で40回目

    「生み出す人がいちばん偉い」ぴあフィルムフェスティバルが今年で40回目

    AERA

    1/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す