ダメ会社だったスカイマークが定時運航でJAL、ANA抑えトップになった理由

経済プリズム

企業

2018/08/02 16:00

 2015年に民事再生法を適用し、経営破綻した航空会社、スカイマークが急速に経営を改善している。国土交通省が7月31日に発表した2017年度(17年4月~18年3月)の国内航空会社の定時運航率(出発予定時刻以降15分内に出発した便数の割合)で国内トップに躍り出た。スカイマークの定時運航率は93.06%で2位の日本航空(JAL)を3.05ポイントも突き放した断トツのトップだった(17年10月末から運航開始のエアアジア・ジャパンを除く)。市場からいったんは「ダメ会社」と烙印を押された会社が短期間で再生しつつある。それはなぜなのか。

あわせて読みたい

  • ANA5千億円赤字を生んだ「行きすぎた拡大路線」と「歪んだ航空行政」 コロナ禍の傷口広げた

    ANA5千億円赤字を生んだ「行きすぎた拡大路線」と「歪んだ航空行政」 コロナ禍の傷口広げた

    AERA

    10/26

    欠航しやすい航空会社は? 国内航空会社の欠航率が前年同期比で半減

    欠航しやすい航空会社は? 国内航空会社の欠航率が前年同期比で半減

    トラベルボイス

    12/4

  • 遅れやすい航空会社トップ3は? LCCに高い傾向

    遅れやすい航空会社トップ3は? LCCに高い傾向

    トラベルボイス

    12/4

    スカイマークも買わないJALの悲劇

    スカイマークも買わないJALの悲劇

    週刊朝日

    11/24

  • 「737MAX」連続墜落の原因は最新システム「MCAS」が有力

    「737MAX」連続墜落の原因は最新システム「MCAS」が有力

    AERA

    3/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す