タイ・13人少年が秘境洞窟に入った本当の動機 現地では自己責任論なし (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

タイ・13人少年が秘境洞窟に入った本当の動機 現地では自己責任論なし

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
2日夜、タイ北部チェンライ郊外の洞窟で無事が確認された少年ら(タイ海軍提供) (c)朝日新聞社

2日夜、タイ北部チェンライ郊外の洞窟で無事が確認された少年ら(タイ海軍提供) (c)朝日新聞社

 これが日本なら「自己責任」などと責任論が問われるのであろうが、ジャーナリストはこう続ける。

「コーチの責任を問う声は少しはあがっている。しかし、13人の無事が確認されたこともあってほとんど自己責任など問う声はありませんね。日本なら肝試しなんてとんでもない、おかしいとなるのでしょうが、こちらはとにかくよかったムード一色。寛容なお国柄のちがいでしょうね」

 だが、まだ救出までにはかなりの時間がかかる。洞窟に搬入して、少年たちに届ける物資を運ぶトラックなどで周辺は列ができているという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい