巨人は“見切り”が早いのか… 大田泰示ら「退団組」は移籍後に活躍【西尾典文】

2018/07/04 16:00

 3年連続で優勝を逃し、今年もここまで苦戦が続いている巨人。オフには野上亮磨をFAで西武から獲得し、昨年のセ・リーグ本塁打王のゲレーロが加入するなど積極的な補強を行っているものの、残念ながら結果はついてきていない。その一方で一昨年巨人からトレードで日本ハムに移籍した大田泰示と公文克彦の活躍は目覚ましいものがある。

あわせて読みたい

  • 福田のFAは険しい道? CランクFAの過去事例から読み解く

    福田のFAは険しい道? CランクFAの過去事例から読み解く

    dot.

    11/18

    日本ハムは選手の“見切り”が上手い?  トレード以外の退団は移籍先で苦しむ傾向

    日本ハムは選手の“見切り”が上手い?  トレード以外の退団は移籍先で苦しむ傾向

    dot.

    7/29

  • 清宮、中村奨に“残された時間”は…「高卒ドラ1位野手」は何年ぐらいで主力に?

    清宮、中村奨に“残された時間”は…「高卒ドラ1位野手」は何年ぐらいで主力に?

    dot.

    7/3

    “失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

    “失敗例”が多し… 韓国、台湾プロ野球の「好成績」は信用できない?

    dot.

    3/7

  • 巨人? ソフトバンク? 山田哲人が移籍したら“最もフィット”するチームは…

    巨人? ソフトバンク? 山田哲人が移籍したら“最もフィット”するチームは…

    dot.

    5/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す