中瀬ゆかり「合コンの鉄則“ビューティアクセント”の先駆者はジャニー喜多川さん?」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中瀬ゆかり「合コンの鉄則“ビューティアクセント”の先駆者はジャニー喜多川さん?」

連載「50代ボツイチ再生工場」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中瀬ゆかりdot.#中瀬ゆかり

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり))/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。 彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、 作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり))/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。 彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、 作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに

「ビューティアクセント」理論の先駆者は…(※写真はイメージ)

「ビューティアクセント」理論の先駆者は…(※写真はイメージ)

 人生初のお見合い話がきた。釣書を見る限りではお相手はかなりの高スペックの男性だ――ふとうつむいて、自らの胸元に目をやった。そこには、トウチャンを湘南の海に散骨した際、少しだけ残したお骨の粉末が内臓されたペンダントが光っている。肌身離さずつけている究極の未亡人アイテムで、口さがない友人からは「それって超非モテグッズじゃん。男はドン引きで誰も寄りつかないよ」などと言われているのだが、一周忌を過ぎてずいぶんたったのに、どうしても外すことが出来ない。「そうだよな。死んだ旦那の骨がそばで揺れているなんて、こんな乳、誰が揉むんじゃ」。

 私にはやはり、お見合いは早すぎる。しかも、相手の方は真剣に結婚相手を探しているようだが、私は日々を楽しめる愛するパートナーは欲しいが、いわゆる「結婚願望」とは違う。心構えにズレがある状態でお見合いなんて、失礼極まりない。お見合い話で一瞬テンションは上がったが、やはりここまでにしよう。

 けれど、せっかく火がついた「もう一度恋がしたい!」という気持ちの小さな炎は消したくない。あんなにトウチャンの後を追って死んでしまいたいほどのどん底に這いつくばっていた私が、ようやく人生をもう一度やり直す気持ちになったのだ。

「そうだ、ベタだけど王道の、合コンってどうよ!」。合コンならば、いきなり結婚、のような重たさもなく、出会いのチャンスは広がる。幸いなことに周囲には人脈王のような男友達もいれば、30代から40代の美しい独身(バツイチも含む)がごろごろいる。昔から私が幹事をする合コン・飲み会は「美女揃い」で有名なのだ。あまりに美人ばかり集めるので、「あんなに美女ばかり集めたら引き立て役にならない?自分で自分の首絞めない?同じようなレベルか、自分に準ずる水準の容姿の女性を集めたほうがよくないか?」と忠告されたことすらある。一般的にも「合コン幹事ピークの法則」(つまり、合コンのレベルはそれを仕切る人間が一番モテるように組まれているので、幹事以上のルックスの同性は集まらない、という意味)と言われているようだが、それは大間違いだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   中瀬ゆかり をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加